中国語のおすすめの勉強法!習得のコツはこうすると良い!

中国語第二外国語として人気が高い言語だと思います。大学時代に勉強したことがあるなんて方も少なくないと思います。また、これから新たに中国語を学びたい…そんな方も多いのでは??

今回は、中国語学習においての注意点や中国語を勉強するとこんなメリットがある!なんてエピソードを私の経験をもとにご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

1. 中国語が話せると就職に有利!

img2

十数年前から、日本では中国語が注目されてきました。どのような職業に就いたとしても、中国語が話せると言うことは大きなメリットになることは間違いありません。

例えば、飲食店や量販店で働く場合でも有利になります。なぜなら、従業員に中国人が多いからです。私は学生時代に家電量販店でアルバイトをしていました。そのとき、同じアルバイトとして出会った中国人は 実に8人!!

2年間のバイトの中ではかなり多い方だと思います。彼らのほとんどは日本語を上手に話しますが、ときには「通訳要員」として派遣されてくる場合があります。そういった中国人のほとんどは日本語を上手く話すことが出来ません。

だからこそ、中国語が話せる日本人が貴重な存在になってくるんですよね。その他にも、アパレル関係で働きたいと思っている方に中国語は重要になってきます。

アパレルメーカーの工場の多くは中国にあります。中国語が話せれば、度々出張…なんて機会が増えてくるかも知れません。そうなってくれば、出世街道まっしぐらです!

そしてまだまだ中国語の活躍の場はたくさんあります。日本の企業やブランドは、経済成長真っ只中にある中国への進出を目論んでいます。中国語が話せれば、きっとそのプロジェクトの中心に立って活躍することが出来るはずです。

2. 日本語に似ている??中国語の特徴とは?

img3

それでは早速、中国語の学習方法についてご紹介しましょう。まず、中国語は難しい??という疑問があると思います。その質問には「外国語なので、それなりに難しい」とお答えしておきましょう。

しかし、英語やヨーロッパ言語と違って、中国語は学習しやすいのも事実です。その理由はご想像通り「日本語に似ているから」です。

中国語は漢字を使いますので、確かに日本語に似ていますが文法は英語よりです。しかし、複雑な過去形や複数形に悩まされることが少ない言語だと思っています。

また、筆談だけなら「漢字」が使えるのですぐにマスターできると思います。そういった意味では、英語より取り組みやすい言語だと思います。社会人になってからでも、十分学習できる言語だと言えるでしょう!

ポイント

中国語の学習方法は??

まずは参考書などを使って文法を覚えましょう。ここでは完璧に仕上げることよりも実践的な内容を中心に学習したほうが効率的かも知れません。

なぜなら、中国語は筆談で何とかなっちゃう言語だからです。完璧に文法をマスターしなくても、漢字の雰囲気だけ理解出来ればある程度「文章が読める」ようになります。

もちろん専門的に中国語を扱う仕事に就きたいなら、ちゃんと文法をマスターしてくださいね。私の経験上、ある程度の文章が翻訳できるようになるまで、1年くらいかかると思います。これは英語よりだいぶ短い期間だと言えます。

中国語の単語については日本語に似ているケースが多いので、そんなに神経質にならなくても大丈夫!雰囲気に任せれば意外と何とかなっちゃうものです!

しかし、日本語と同じ漢字を使っていても全く違う意味を持つ言葉が多く存在するのも事実です。そういった単語は参考書にちゃんと書いてありますので、参考書通りに学習するのが一番効率的かな?なんて思ったりもします。

[adsense]

3. 中国語の発音って難しいの??

img4

ただ中国語の文章がある程度読めるようになったからと言って、話せるようになったとは言えませんよね…。中国語の発音は独特です。この文面をこんなふうに発音するの??なんてびっくりしちゃうかも知れません。

中国語の発音を学ぶためには、まず「ピンイン」を覚える必要があります。これは私が細かく語るよりも参考書を見てもらった方が早いかと思います。ピンインとは、中国語の発音を表す「アルファベット」のことです。

これらはだいたいローマ字通りの発音になりますが…多分、参考書に付属しているCDを聞いてびっくりするのではないでしょうか?振ってあるピンインやカタカナとは全然違う発音をCDはしてくるはずです。

慣れるには、やはり繰り返し聞くことが一番大切!始めはしっくりこない発音ばかりだと思いますが、根気よくCDを聞いてその発音に慣れて下さいね。慣れてくれば、絶対に面白くなってくると思いますよ。

ポイント

中国語を話す時の注意点

聞き慣れてきたら、次は話す練習をしましょう。中国語を発音するためには「滑舌を良くすること」がポイントだったりします。多少大げさなくらいに口を動かして、一語一句はっきりと発音する練習をして下さい。

慣れてきたら「喉」を使う練習をするのが良いと思います。中国語は日本語や英語より断然喉を使う言語です。なので始めは喉が痛くなっちゃうかも知れませんが、それくらいが丁度良いんです!

まとめ

以上、中国語学習の注意点などをご紹介いたしました。中国語なら、英語アレルギーの方も取り組みやすいと思っています。英語を投げ出しちゃった方でも、楽しく学習できる言語だと思いますよ!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング