告白されたけど断りたい!傷つけない断り方ってどうすれば良い?

告白されたけど断りたい!傷つけない断り方ってどうすれば良い?

これはある意味贅沢な話かも知れませんが、「告白」を受けることって意外に迷惑だったりするんですよね…。せっかくの好意は嬉しいのですが、「断った後のこと」を考えると気に病んでしまいます。

一番いいのは、告白されそうになる前に防衛線を張ることかも知れません。告白されそうな雰囲気にならないように気を付けることや、予め彼氏や彼女がいることをアピールしたり。

今回は、タイミング悪く告白されてしまったときの断り方をご紹介したいと思います。どうにかして相手を傷つけないように告白を断りたいと思っている方は、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

1.告白の上手な断り方

img2

相手を傷つけないために、ときにはも必要です。告白をきっぱり断りたい時は、嘘をついてでも「うやむやにしないこと」が大切なんです。

ポイント1

嘘も方便!今の状況をはっきりさせることが大切

代表的な断り方として…「あなたのことが嫌いなわけじゃない。自分には他に好きな人(もしくは彼氏・彼女)がいる」これが一番なのではないでしょうか。大切なのは状況をはっきりさせること。

だから、決して「今は無理なの」や「仕事(勉強)が忙しくて」なんて曖昧な答えは避けましょう。絶対に断りたい相手へは、未練が残るような対応は残酷です。

はっきりと「付き合えないこと」を伝えましょうね。一時的には相手を傷つけることになりますが、それは本当に一時だけです。

いつまでもあなたへの未練が経ちきれないような断り方をしてしまうと、相手の未来を奪うことになり兼ねません!相手だって、早くあなたを忘れて新しい恋がしたいはずですからね。

ポイント2

誠意を見せることが何より大切

あなただって、何度か告白をした経験があると思います。そのときの決死の覚悟を思い出してください!!とにかく、必死に真剣に毎日毎日悩んで出した答えだったと思います。

告白してくれた相手だって同じ思いです。真剣に悩んであなたに告白してくれたのです。だからこそ、その誠意に応えなければいけませんよね。

告白されたら笑ってごまかすのではなく、真剣に断りましょう。真剣に考えて断れば、相手だってちゃんと理解してくれます。今後、気まずい関係にならないためにも、一度真剣に話し合うことが大切なんですね。

2.これだけはしちゃいけない!!相手を傷つける断り方

img3

前述したように、曖昧な表現は相手を傷つけるだけです。つらいですが、心を鬼にしてはっきりと断ることが重要です。

ポイント1

「今の関係を壊したくない」は厳禁

もしも告白してきた相手が大の仲良しだったら…あなたは今の関係を壊したくないと思うでしょう。しかし、それだけは無理な願いなのです。相手が告白してきた時点で二人の関係は変わってしまったのですから。

そのことを踏まえても、「今の関係を壊したくない」を理由に告白を断ることは残酷です。相手からしてみれは「今の関係を壊してでもあなたと付き合いたかった」訳ですからね。その思いを無駄にしてしまいます。

ポイント2

自分にはもったいないは厳禁

よく断る理由として「私(俺)にはもったいない。あなたにはもっと相応しい人がいる」なんて言う人がいますが…この発言も結構残酷だったります。

告白する相手は、あなたに相応しい人間になるように努力してきた人です。それなのに、逆に「自分にはもったいない」なんて断り方は、相手をうんと傷つけてしまいます。

また、相手だってこの文句では納得できないはずです。自分が好きで選んだわけですからね。「相応しくないかどうか」は告白する人が決めることです。

また、「他にいい人探して」も冷たい表現です。これらの言葉を優しさだと思って使っていた人は注意してくださいね!!

3.もしも悩んでいるのなら

img4

突然の告白に戸惑ってしまうことは誰だってあります。確かに「今は無理」、そう思っていても「もしかしたら…」と悩みたいのが人間です。だからこそ、たくさん悩んでから答えを出すのもアリです。

そんなとき(一時保留)の断り方は??

  • 今はまだ自分に自信が持てない
  • 心からそう思っている人も多いと思います。今はまだ「あなたを好きになれるか分からない」「あなたに相応しい人間になれるか分からない」そう思っているのなら、はっきりとそう伝えましょうね。

    その気がないのにこの発言をするのは絶対にダメです。しかし、本当に悩んでいるのなら本音を伝えるのが一番なのです。昔の恋人に未練がある方も、そのことを正直に伝えた方がいいと思います。

    そして、いつまで待てるのかを話し合いましょうね。

  • 恋愛する余裕がない
  • 本当に今現在忙しくて、恋愛に気持ちが向かない…そんなときは誰にだってあります。タイミングが今でさえなければお付き合いしていたのに…なんで今なの??

    そんな場合も、正直にそのことを伝えるべきです。ちゃんと話し合えば「負担のない付き合い方」が見つかるかもしれませんしね。また、「半年間だけ待って。」と期限を伝えるのもいいかも知れません。

    そんなときは「半年間待って。そのころ、まだ自分の事が好きならもう一度告白して」なんて伝えれば、相手は絶対に傷つかないと思いますよ。

まとめ

以上、相手を傷つけずに告白を断る方法をいくつかご紹介いたしました。言えることはただ一つ。真剣に向き合うことです。正直に自分の気持ちを伝えれば、相手にちゃんと伝わると思いますよ!