ガス料金の節約方法は!一人暮らしで「高いっ!」と思うなら!

ガス料金の節約方法は!一人暮らしで「高いっ!」と思うなら!

一人暮らしのガス代は意外とかかるものです。仕事をして外出する時間が多い人はそれほど使用が抑えられますが、高齢者や在宅ワークなど1日の大半を家で過ごす人は必然的にガスの出費が多くなりす。

またとりわけお湯をたくさん使う冬はガス代が夏に比べ倍になります。もちろんガスの料金は個人の使用法によって異なるので一概にコレと決まって言えませんが、プロパンガスと都市ガスでは大きな差が出るのは確かです。

そして一人暮らしでのガスの節約は家族のいる家庭に比べちょっとした努力で実現できるものです。思ったより節約がしやすい点がたくさんあるので、普段の日常生活を見直しながらガスの節約ができるポイントを抑えることが大事です。

今回は一人暮らしでガスを節約したいと思うの人のために、すぐ実行できる秘訣をご紹介します。

スポンサードリンク

調理をするときはガスをはみ出さない

早くクッキングがしたいと、ついついガスがはみ出た状態で使ってしまうことがあります。心理的に調理が早くできる気がしますが、実際調理器具の外側に逃げてしまっているガスは無駄になっているにしか過ぎません。

しっかりと調理器具のサイズに合わせ、火を調節することでガスを節約することができます。そしてこの場合の無駄なガスは何のためにもたたないのですぐに改める必要があります。

蓋をして調理をする

ふきこぼれを避けたりお鍋の中身の状態を見るために、蓋をしないまま調理する人もいます。しかし蓋をしたほうが加熱温がお鍋の中に行き渡り調理時間も短時間で終わり、結果的にガスの節約ができます。

確かに沸騰してからはふきこぼれてコンロが汚れてしまい、後々の掃除も面倒ですね。そんな時には蓋をずらして煮詰めたり、ガラスの蓋を利用して中身の具合をコントロールするようにしましょう。

またお鍋の上に置くだけでふきこぼれの防止ができる蓋などもオンラインで購入できます。試してみましょう!

ガスコンロでお湯を沸かし過ぎない

調理やお茶をする際にお湯を沸騰させる時に、台所を離れてしまい気づくとお湯の量が減ってしまうほど沸騰させてしまうときがあります。

お湯を沸騰させる時間はちょっとした家事をやり終えるのにちょうど良い時間なので、場合によっては家事に気を取られガスを止めることができなくなってしまいます。

そんなときは笛を吹くやかんやタイマーなどで知らせてもらうようにしましょう。一人暮らしの間とりでは十分聞こえるはずです。

レンジを使おう

ガスの代わりに電子レンジで温めれば、ガスだけでなく時間の節約もできます。調理時間の設定もできふきこぼれたり焦げたりという失敗もありません。

また一人暮らし用のレンジならサイズやパワー、そして購入代もコンパクトにすむので利用価値大です。

お風呂の入り方で賢く節約

image464

まず一人暮らしであればお風呂が温まった時点で入浴できるので、追いだきの必要はありません。そこで入浴するときのポイントはお風呂かシャワーのどちらがガスの節約になるかです。

基本的にシャワーを15分以内でできる人は、シャワーを使ったほうが断然お得です。同時に水道代も浮かせることができ一石二鳥です。

また数ある給湯器の種類を変えたりすることに加え、これらのポイントを抑えれば一ヶ月で約2000円のガスの節約ができます。

都市ガスを引いている物件を探す

都市ガスはプロパンガスに比べてかなり安いので、これから住居を決める人は是非都市ガスの物件をおすすめします。使用する地域にもよりますが、一年間のガス代が半額以下になるので大切なチェックポイントです。

石油ストーブの上で調理!

ガスを使わずに調理するには電子レンジがありますが、石油ストーブの上で調理することもできます。

欠点としてはコンロではないので、ふきこぼれたりするとストーブの中に入り込んでしまうため注意が必要です。また換気扇がないため匂いが広まってしまうので窓を開けなくてはいけないこともあります。

また小さなお子様がいる家庭では常にママがストーブのそばにいることが条件です。普段と違った調理法で興味を持った子供はすぐに手を出してしまいます。

水出しのお茶もお忘れなく!

コーヒーブレイクの度にお茶を沸かすのも意外とガス代がかかります。さらに一人暮らしなるとポットにお湯を溜めとくほどでもありません。

そこで冬はともかく夏場では麦茶など水出しのお茶を飲みましょう。お湯が沸騰する時間を待つ必要もなく気軽に用意することができます。ただ色が出るまで数分かかりますが、前もって作り置きをしておけばすぐにいつでも飲むことができます。

まとめ

一人暮らしのガス代を抑えるコツはこんなところにありました。ほとんどが日常生活で見落としがちなものなので、今日から気をつけてガスを節約する習慣をつけましょう。

そして次回のガス料金が前月より下がっていたらガスの節約方法に成功できたと言えるでしょう。この勢いで無駄なくガスを使いさらなる節約を目指しましょう。