モナコのおすすめ観光スポット7選!旅行するならぜひ見たい!

モナコのおすすめ観光スポット7選!旅行するならぜひ見たい!

モナコは周囲をフランスに囲まれたコートダジュール東部のエリアに位置する世界で2番目に小さな公国です。

ディズニーランドほどの面積にモンテカルロを中心とする4つの地区からなっています。続いてモナコ・ヴィル、フォンヴィエイユ、ラ・コンダミーヌと至るところにラグジュアリーなコンドミニアムやブティック、ホテルなどが軒を重ね、優雅な雰囲気を醸し出しています。

またグレース・ケリーがレーニエ3世の公妃として嫁いだ国は、大公の死後2005年より息子のアルベール2世によって統治され、この国の華やかさを魅了し続けています。

もともとモナコはカジノで国の富を発展させてきました。そしてその承継として今では世界中からのVIPによってモナコの資産に貢献され国は裕福な国として成り立っています。そして何よりも所得税や相続税がないためお金持ちが好んで住みついたと言えます。

地中海の素晴らしい光景に包まれたモナコ公国を訪問するのは春から秋のシーズンがベストです。小さな国ですがエンターテインメントがつきないモナコの7つの厳選スポットをここにご紹介します!

スポンサードリンク

1.大公宮殿 (Place du Palais)

モナコ・ヴィル地区の絶壁に位置する大公宮殿は大公の家族の住居です。1215年に建築された青い空に引き立つ白い宮殿前広場には衛兵の交換式が毎時11時55分に行われ、観光客をエキサイティングさせます。

また宮殿内一部が歴史博物館になっており、ナポレオンに関する1000以上もの展示物を鑑賞することができます。宮殿のちょっとした雰囲気が味わえるので一石二鳥ですね。

2.海洋博物館 (Musée Océanographique)

アルベール1世による海洋動物のコレクションです。90もの水槽の中でゆったりと泳ぐ色や形の珍しい魚が鑑賞できます。また中でも注目を浴びる「サメのラグーン」は450㎥もの水槽の中でミステリアスに行き交うサメ達のスペクタクルです。

海洋博物館へのアクセスは、大公宮殿から出ている海沿いに続く散歩道を辿って5分の所にあります。手入れの行き届いたサン・マーティン公園から素晴らしい地中海のパノラマも楽しみましょう。

3.大聖堂 (Cathédrale Paroisse)

海洋博物館を折り返しした坂道の途中にある国の大聖堂は1875年に建造されました。主に大公の家族のセレモニーが行われ、グレース・ケリーや夫のレーニエ3世の墓も訪問できます。

4.グレース王妃のバラ園 (Roseraie Princesse Grace)

グレース・ケリーの死後、夫レーニエ3世が彼女に貢献した壮大なバラ園です。150もの種類と4000本ものバラに包まれて建つ彼女の銅像は何かを語りかけているようです。

フォンヴィエイユ地区のルイ2世スタジアム先にあるバラ園は、観光の合間に訪れたいリラックスタイムに最適です。美しいバラの中でのショットももちろんお忘れなく!

5.カジノ (Casino de Monte-Carlo)

モナコの中心地カジノ広場を代表するカジノは、そのナポレオン調の美しい装飾建築にも注目されています。カジノでギャンブルをしたい人は3つの豪華なルームで思い切りハイローラーと勝負してみましょう!

またカジノへの入場は男性はネクタイ着用やパスポート提示などの規定があるので事前に用意をしておきましょう。またとりわけ夏場は服装が薄手になりやすいので、短パンやビーチサンダルなどいかにもシンプルすぎる身なりでの入場は拒否されるので注意しましょう。

余談ですが友人が古びた肩掛けカバンを入り口のクロークに取り上げられたことを覚えています。

そしてカジノの建物は地中海に面した裏側にモンテカルロオペラ座が併設されているので、オペラが開催されるシーズンにモナコを訪問する人は内部の豪華さの見学も含め公国のオペラをぜひ鑑賞しましょう。

6.カジノ広場 (Place du Casino)

モナコの中心広場は、カジノをはじめとするホテル・ド・パリやシックなカフェ・ド・パリなどで囲まれた美しい広場です。ここでは一息入れてカフェで休憩するのがマストです。

ジェラートやコーヒーだけでも多少値段が張りますが、広場の美しい光景やカフェ内の優雅な雰囲気を楽しみたいなら安いものです。そのためにも食べ終えたらすぐ立ち上がって他の観光スポットへ走るのではなく、ゆっくりとその光景を味わいましょう。

また広場のあちこちに駐車されたフェラーリやベントレーなどの高級車が目白押しで、主なスーパーカーがここモナコで見ることができるといっても過言ではないでしょう。あまりお目にかからないこれらの車をバックに記念写真はモニュメント同様価値があります。

7.日本庭園 (Jardin Japonais)

日本へ帰国でもしたかのように実に本物そっくりに作られた庭園はホッとする場所でしょう。7000平方メートルにも及ぶ広大な敷地に、滝、丘、小川などがパーフェクトに構成された本場の日本庭園と引けを取りません。

モナコで楽しめるアクティビティ

  • モナコF1グランプリ
  • 海底潜水艦ツアー
  • プチトレイン
  • フェラーリ試乗体験
まとめ

モナコは小さな国ですが、たくさんの見所が詰まっていますので是非一泊して優雅な雰囲気を楽しみたいものです。一級のグルメやナイトスポット、そしてショッピングと楽しみがいっぱいです。

また夏にモナコを訪問する人は東部のラルボットビーチで海水浴をしましょう。ビーチ沿いの洒落たホテルに泊まって美しいサンセットを見ながら、ぜひモナコの素敵なモーメントを堪能しましょう!