脇汗が臭い…!これってワキガ?普通の「汗臭い」との違いって何?

「うわっ!脇汗すごいし、なんだか臭い…。これってワキガ?

こんなことで悩んで必要以上に制汗剤やデオドラント剤を使っていませんか?

たしかに脇汗がすごいとワキガなのではないかと心配になりますが、脇汗がすごいからといって必ずしもワキガとは限らないので安心して下さいね。

ただし明らかに臭いと感じる場合、それはワキガの可能性があります!間違った対策をしないためにも、まずはワキガと脇汗の関係や違いを知ってみましょう。

脇汗が多いからといってワキガとは限らない理由

それではまず、脇汗とワキガの関係性から見ていきましょう。脇汗もワキガもたしかに同じ脇の下から出るものなので、混同するのも当然のことです。

しかし脇汗が多いからといってワキガとは限らないし、脇汗が少ないからといってワキガじゃないとも限りません。実際に脇汗が少ないのにワキガの人はいます。

ここでひとつ知っていただきたいのが、脇汗とワキガの根本的な原因となる汗腺です。

脇汗 ワキガ
原因となる汗腺 エクリン腺 アポクリン腺

それぞれ異なる汗腺から出る汗が原因なので、脇汗=ワキガではありません。

つまりエクリン腺から汗が出にくい体質でも、アポクリン腺の量が多くて活発ならワキガになりやすいということ。その逆で、エクリン腺から大量に汗が出やすい体質でも、アポクリン腺の数が少なければワキガにはなりにくいということなのです。

ところがなぜ、脇汗が多いとワキガだと思い込んでしまうのでしょうか?その理由を探ってみました。

脇汗が多いと「臭いやすい」のは事実であることが判明!

脇汗が少ない人に比べて、脇汗が多い人ほど臭いやすいということが分かりました。

エクリン腺から出る汗は、99%水分で残りの1%は塩分などのミネラルからできているのが特徴です。そのため、肌の表面にいる菌に分解されたところで嫌な臭いが出ません。

しかし発汗量が多いと、それだけ脇の下は湿っぽくなります。湿気が多い環境というのは菌の温床になるので、それが汗の臭いを増長させる原因となっているのでしょう。

でもこの時の汗の臭いは、ワキガのような独特の臭いではありません。

汗の臭い ワキガの臭い
臭いの特徴 モワッとした酸っぱい臭い 鼻につくキツイ臭い
例)鉛筆の芯の削りカス
チーズなどの発酵食品
腐ったネギ類 etc.

ワキガの臭いの特徴については「げっ!脇から鉛筆の芯やクミンの臭いが…!これってワキガ確定なの?」でも触れているのですが、本当に独特です。

ワキガの臭いをよく熟知している医師やワキガの自覚がある人なら、汗の臭いとワキガの臭いを嗅ぎ分けることができるくらいハッキリとした違いがあります。

ところが汗の臭いでも、時にワキガのような強烈な臭いを放つことがあります。きっとこれが、ワキガと混同してしまう理由なのでしょう。なので次に、通常の汗臭さが強烈な臭いに変化してしまうその理由についてお話していきたいと思います。

「汗臭い」が「ワキガのような臭い」に変わってしまう原因とは?

爽やかな汗の臭いなら我慢できるレベルですが、ワキガのようなきつい臭いになってしまうと正直つらいですよね…。

そこで早速、汗の臭いがきつくなってしまう原因を見ていきましょう。

【原因1】汗腺機能が衰えている

汗腺の機能が低下してくると、ベタついた汗が出やすくなります。なぜなら、本来血液中に再吸収されるはずのミネラルが吸収されず、汗となって分泌されてしまうからです。

エクリン腺から出る汗は、99%水分からなるサラッとした汗でなければなりません。しかしミネラルが多く含まれるようになると、粘り気が出て蒸発しにくくなります。

肌に住みつく常在菌はこのような老廃物たっぷりの汗が大好きです。するとこのような汗をエサにして分解しては、悪臭を放ち始めます。

【原因2】過剰に皮脂が分泌されている

脇の下の肌は思っている以上に敏感です。

制汗剤の使い過ぎ、カミソリの使い過ぎなどで必要以上にダメージを与えすぎてしまうと、肌が弱って次第に乾燥していきます。

すると今度は、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌され始めます。皮脂がいっぱい混ざった汗もまた、菌にとっては最高の御馳走です。過剰な皮脂分泌は、汗の臭いを増長させる原因となるので気をつけましょう。

【原因3】体内に老廃物が溜まり過ぎている

便秘などで体内に老廃物が溜まり過ぎている時も要注意です。

腸に老廃物が溜まっていると、そこから臭い成分が出て血液中に混ざります。すると汗となって排出されるため、体臭がするようになったり、汗をかいた時に嫌な臭いが出やすくなることがあるようです。

汗の臭いを悪臭に変えないためにも対策をしよう!

汗の臭いを悪臭に変えないためにも、上記3つの原因を作り出さないことが大切です。

 汗臭い原因をつくらせないための対策方法

  • 汗腺機能を高めるトレーニングをする
  • 脇の下をちゃんと保湿する
  • 栄養バランスの良い食事
  • 汗をかいたらウェットティッシュで拭く

まずは汗腺機能を高めるトレーニングを意識して行うようにしましょう。トレーニングをするだけで、質の良いきれいな汗をかけるようになってきます。

方法はいたって簡単で、適度な運動・40℃以下のお湯で入浴・エアコンに頼らないようにするなどの工夫をするだけです。

あとは食生活の見直しや、汗を拭くなどの習慣をつけること。そこにプラス、保湿効果のあるデオドラント剤を使用すると尚良しです!刺激の強い制汗剤や、肌が乾燥しやすいデオドラント剤を使うのはできるだけ避けましょう。

ワキガかも?と思ったら早めの対策と改善を!

基本的に、ワキガと汗臭いでは原因が異なるので対策方法も変わってきます。

もしワキガなのかどうなのか?の区別がつかないレベルなのであれば、こちらの記事も参考にしてみるといいかもしれません。

ワキガでなければ、市販の制汗剤やデオドラント剤で対策することは十分に可能です。

しかし明らかにワキガの可能性が高いのであれば、市販のものより通販で購入できる医薬部外品のワキガ対策クリームじゃないと効果を実感しにくい特徴があります。

そもそも汗臭いとワキガでは原因が異なるので、使うものも違って当然なんですよね。

ワキガ対策クリームまで使う必要はない!と思われるかもしれませんが、放っておくとワキガの臭いがいつか必ず周りにバレてしまうので気をつけましょう。最悪、人から指摘される日がくるかもしれません。

ワキガ対策をしていれば、周りに気づかれることも指摘されることもありません!早め早めの対策を心がけて、気持ちをラクにしてしまいましょう。

ワキガで悩んでいた私が実際に使って満足したワキガ対策クリームについて、こちらでレビューしています。ぜひ参考にしてみて下さいね!

この記事のURLをコピーする

アクセスランキング