レーザー治療でワキガを治すことはできるの?効果はどれくらい?

レーザー治療でワキガを治すことはできるの?効果はどれくらい?

「ワキガを治療するなら傷跡の残らないレーザー治療で!」と宣伝しているクリニックをたくさん見かけるようになりましたよね。

レーザー治療でワキガが改善されるなら、これはもう最高の治療法だと思います。

しかしなぜか、レーザー治療したことを後悔している人も多く見かるんですよね…。

そこでちょっと気になったので、レーザー治療とは一体どんな治療法なのか?ワキガに対してどんな効果を発揮するのか?を徹底的に調査してみました。

レーザー治療とは?ワキガを治すことはできるの?

最近よく、美容外科などのクリニックで見聞きするようになったレーザー治療

レーザー治療とはその名の通り、レーザーを当ててワキガを治療する方法です。

ただし、レーザー脱毛のように肌の表面から照射するものではありません。

脇の下に直径1mmほどの穴を開け、カニューレと呼ばれる細い管を脇に皮下挿入して直接アポクリン腺に照射して破壊させる方法になります。

エクリン腺や毛穴も同時に破壊することもできるのも、レーザー治療の特徴です。

「レーザー治療でワキガを治すことはできない」は本当

そうなんです。実はレーザー治療でワキガを治すことはできません。

ワキガを完治させるためには、アポクリン腺を完全に取りきる「剪除法(せんじょほう)」という手術を受けなければなりません。

レーザー治療ではアポクリン腺を完全に破壊させることはできないため、数ヶ月経つと再びアポクリン腺が成長し始め、ワキガが再発します。

レーザー治療の特徴やデメリットとは?

レーザー治療でそれなりに効果を得るためには、1回の照射だけではなかなか難しいです。せめて2~3回は照射してもらう必要があると言われています。

ただしレーザー治療そのものの効果を感じやすいのは、軽度~中度のワキガのみです。

重度のワキガには効果をほとんど感じられないのも、レーザー治療の特徴となります。

それではレーザー治療のメリットとデメリットを見ていきましょう。

レーザー治療のメリット

  • 傷跡が残らない
  • ダウンタイムがほとんどない
  • ワキの脱毛も同時にできる
  • 軽度のワキガなら効果が実感できる
  • 1回の治療時間が約30分と短い

レーザー治療最大のメリットと言えば、やはり傷跡が残らないことですね。

治療する時は直径1mmほどの穴が開きますが、これは日が経てば消えていきます。

そしてダウンタイムがほとんどないので、すぐに日常生活を送れるというのもいいですよね。学校や仕事に支障をきたすこともありません。

ちなみに脱毛効果は、男性にとってはデメリットになる場合もあります。その辺りをよく考え、治療を行うようにした方がいいかもしれません。

レーザー治療のデメリット

  • 中度~重度のワキガには効果が得られにくい
  • すぐに再発しやすい
  • 1回の治療では効果を実感しにくい
  • 料金が高い
  • 保険が適用されない

レーザー治療最大のデメリットは、なんと言っても再発しやすいことでしょう。

アポクリン腺を完全に破壊できるわけではありませんから、次第にまたワキガの臭いに悩まされることは決して珍しい話ではありません。

なのにも関わらず、1回の治療が両脇15~30万円とかなり高いのもデメリット。

保険も適用されないので、中度~重度のワキガの人にとっては効率が悪い治療法と言ってもいいかもしれません。

メリットに惑わされちゃダメ!レーザー治療には落とし穴がある

「でもレーザー治療は傷跡も残らないしダウンタイムもほとんどないから、ワキガ治療の中では一番魅力的なのよね…。」

とレーザー治療の魅力に惹かれて治療をし、数か月後に後悔する人が後を絶ちません。

レーザー治療は確かに治療の中で一番魅力的です。とくに女性にとっては何かとメリットが大きいですから、ついつい受けたくなる気持ちも分かります。

しかしレーザー治療のメリットって「傷跡が残らない」「ダウンタイムが少ない」というくらいで、ワキガにとってはほとんどメリットなんてないのです。

そのことを熟知している医師は、わざわざ中度~重度のワキガの人に高額なレーザー治療を薦めたりはしません。

そのお金があるならば、もっと効果の高い治療や手術を教えてくれるでしょう。

レーザー治療は手軽な上に高額です。だから医師にとっては何かと都合がいいのです。

もしすぐにでも「はい、じゃあレーザー治療しましょうか!」と薦めてくるようなクリニックであれば、ちょっと警戒した方がいいかもれません。

まずは本当に信頼できる医師に相談してから決めるようにしましょう。

レーザー治療よりもワキガ対策クリームの方がお得!

レーザー治療が決してダメなわけではなく、レーザー治療が効かないようなワキガの人がレーザー治療をしても意味がないということです。

もし本当にワキガを改善していきたいのなら、まずはワキガ対策クリームから始めてみるといいでしょう。

え?そんなので良くなるわけないじゃん!と思われたかもしれませんが、最近のワキガ対策クリームはすごいですよ。

実は私は中度のワキガだったのですが、私のワキガで満足できたくらいです。

ちなみにクリームが1本約5,000円なので、レーザー治療で30万円払うくらいならワキガ対策クリームを使い続けた方がずっとお得だと私は思います。

だってその費用で60本ものワキガ対策クリームが買えますからね。約5年分!

5年間はワキガの臭いが気にならない生活を送れるということを考えると、かなりコスパがいいのではないかと思います。

ワキガ治療や手術は、セルフケアで様子を見てからでも遅くないのではないでしょうか?