ワキガと多汗症の違いとは?それぞれの原因を知って適切な対策法を!

ワキガと多汗症の違いとは?それぞれの原因を知って適切な対策法を!

ワキガと脇の多汗症は同じものだと思っていませんか?

実は大半の人が「ワキガ=多汗症」だと思っている傾向にあり、ワキガや多汗症それぞれに対して適切な対処ができていないのが現状です。

ちゃんとワキガと多汗症の違いを把握しておかないと、いつまで経っても改善することが難しくなってしまうので気をつけましょう。

そこで、ワキガと多汗症の違いと、それぞれの対策法についてご紹介していきます。

ワキガと多汗症の違いとは?何がどう違うの?

ワキガと多汗症は全く異なります。

分かりやすく言えば鼻につくような臭いがあるかどうか?汗が多いかどうか?なのですが、この感じ方には個人差があるのでもっとシンプルに違いをお伝えしましょう。

  • 多汗症の原因はエクリン腺から出る汗
  • ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗

私たち人間には「エクリン腺」「アポクリン腺」の2つの汗腺があります。

エクリン腺

エクリン腺は全身のいたるところにある汗腺で、99%水分でつくられたきれいな汗を分泌します。運動をしたり、暑くなったりするとかく汗はこのエクリン腺から出る汗です。

アポクリン腺

アポクリン腺は、脇・陰部・乳輪・耳の中など特定の部位に存在している汗腺で、脂質やタンパク質などの成分が含まれた汗を分泌します。ちょっと粘り気のある汗が特徴です。

ワキガと多汗症では、原因となる汗腺がそもそも違うということなんですね。

なので同じ症状ではありませんし、臭い方も汗も異なってきます。

そこで今度は、もっと詳しくそれぞれの原因と特徴をみていきましょう。

ワキガの原因と特徴

原因 アポクリン腺から出る汗、皮脂、皮膚の表面にいる常在菌
臭いの特徴 鼻につくようなにおい、部屋にいつまでも臭いが残る
例)鉛筆の芯の臭い、腐った玉ねぎの臭いなど
ワキガになる人の特徴 アポクリン腺の数が生まれつき多い人
(アポクリン腺が少ない人はワキガになりにくい)
どんな時になりやすい? ・ワキガが発症しやすいのは思春期頃、20歳頃と言われている
・偏った食生活、不規則な生活を繰り返しているとなりやすい

ワキガは、遺伝によるワキガ体質が主な原因なんですね。

しかもアポクリン腺から出る汗の濃度が濃ければ濃いほど臭いやすく、また菌の数が多ければ多いほど強烈な臭いが発生しやすいのが特徴です。

これは日頃の食生活生活習慣による影響も大きいため、ワキガの臭いは体質の変化により日々変化しやすいという特徴もあります。

多汗症の原因と特徴

原因 エクリン腺から出る汗の分泌異常
臭いの特徴 よくあるモワッとした汗臭さ
例)酸っぱい臭い
多汗症になる人の特徴 ・もともと全身に多量の汗をかきやすい体質
・過度の緊張や精神的不安を感じると汗をかきやすい体質
どんな時になりやすい? ・暑い場所にいたり、激しい運動をしたあとに多量の汗をかく(全身性多汗症)
・精神的緊張を感じると、手の平・足の裏・脇の下などに多量の汗をかく(局所性多汗症)

多汗症とは、その名の通り汗が異常に多い症状のことです。

臭いはワキガのような独特な臭いはなく、いわゆる汗臭さが特徴になります。

運動した後や暑い時、全身にびっしょり汗をかく場合は「全身性多汗症」。緊張した時、手の平や脇の下など特定の部位に多量の汗をかく場合は「局所性多汗症」となります。

ただし緊張による多汗症は一時的なもので、24時間ずっと汗をかいているというわけではありません。

ワキガや多汗症のそれぞれの対策方法とは?

原因も異なれば、当然対策方法も異なってきます。

ただし例外もあるので注意しましょう。たとえばワキガと多汗症の両方を併発している場合、こんな時は両方の角度から改善する対策法をとることが大事です。

もし自分で症状がよく分からない場合は、専門医に相談することをおすすめします。

自分で判断せずに、まずは信頼できる医師の元で検査を行いましょう。

ワキガを完治・改善する方法

  • ワキガ手術(剪除法、皮下組織吸引法など)
  • ワキガ治療(ミラドライ、ボトックス注射など)
  • ワキガ対策用のクリームを使用する
  • 体質改善

ワキガは「剪除法(せんじょほう)」という手術で完治させることが可能です。しかしリスクが非常に大きいため、最終手段として視野に入れる必要があります。

治療法もそれなりに豊富ですが、ワキガが再発するのがデメリットです。

治療や手術までする必要がない、あるいは重度のワキガではないというのであれば、体質改善をしながらワキガ対策クリームを使うだけでも十分効果は期待できます。

多汗症を完治・改善させる方法

  • 多汗症治療(ミラドライ、ボトックス注射など)
  • 精神的なものによる緊張を抑える(精神安定剤などの服用)
  • 塗り薬(塩化アルミニウムなど)
  • 制汗剤を使用する

多汗症は精神的なものなのか、それとも慢性的なものなのかで対処法が少し変わってくるでしょう。

精神的なものであれば、まずは過度に緊張しないよう意識し過ぎないことが大事です

それが難しければ、心療内科や精神科を受診して専門医に精神安定剤など処方してもらうのもひとつの方法になります。ただし薬に依存してしまわないよう注意して下さい。

あとは多汗症治療でとても人気のある「ボトックス注射」も方法のひとつです。

効果は約4~9ヶ月しかもちませんが、汗をピタリと止める効果が期待できます。

ワキガと多汗症を併発している場合はどうすればいい?

ワキガと多汗症の両方を併発しているケースも少なくありません。

そんな人たちに最近人気なのが「ミラドライ」という治療法です。

ミラドライとは?

ミラドライとは、マイクロ波を照射してアポクリン腺とエクリン腺の両方にダメージを与える治療法です。

症状は完治しませんが、汗腺の発汗機能を長期間停止させることができるので半永久的な治療効果を得ることができると言われています。

傷跡なども一切残らず、ダウンタイムもないのがミラドライの特徴です。

ワキガと多汗症の両方に効果があるということで注目されていますが、ミラドライもやはり再発する可能性があるという点ではマイナスだなと正直感じました。

保険も適用されないので、約30~40万円ほどの費用が発生します。

「脇の臭い」が気になるのであればワキガ対策クリームで対策を!

もしワキガの臭いが少なからず気になるのであれば、迷わずワキガ対策クリームで臭い対策しておくことをおすすめします。

ワキガも結局のところは汗が原因なので、汗をかけばかくほど臭いが増長されやすくなるので注意しましょう。

多汗症などの汗による悩みであれば、専門医に直接相談した方が得策とも言えます。

しかしワキガの場合は病気ではないため、専門医に相談するよりも先にまずはセルフケアを試してみて、それでダメだったら病院やクリニックへ行くのが良いと言われています。

ワキガ対策クリームは、医師も推薦するほどの効能・効果が期待できます。

まずは本当に効果のあるワキガ対策クリームを選び、せめて1~3か月は様子をみてみましょう。

ワキガへの悩み過ぎは精神性発汗を引き起こす原因にもなり兼ねませんから、1日でも早く対策をして余計なストレスを減らすことが何より大事です!