ワキガとフェロモンの関係性とは?ワキガはモテるって本当なの?

よく「ワキガってフェロモンなんでしょ?」と言っている人を見かけます。

たしかに体内から出る特殊な臭いだから、フェロモンと言われてもおかしくありません。

でもワキガが本当にフェロモンなら、ワキガの臭いって嫌われないと思うんですよね…。

そこで、ワキガとフェロモンには一体どんな関係があるのか?ワキガの人は本当にモテるのか?その辺りをお話していきたいと思います。

「ワキガはフェロモン」と言われているのはなぜ?

ワキガはフェロモンなのではないか?と言われているのには理由があります。

かつて昔、人間がまだ言葉を話せない時代、すべての人間にワキガの原因となる「アポクリン腺」が体のあらゆる所に存在していたと言われています。

  • アポクリン腺は哺乳類の動物だけに存在しており、身近な動物で言えば「犬」にはアポクリン腺が全身に分布されています。

そしてこのアポクリン腺から出る分泌液の成分が、当時は縄張りや求愛のためのフェロモンとして機能していたのではないか?と言われているのです。

しかし人間の進化(言葉の発達)により、徐々にその機能も必要なくなってきました。

次第にアポクリン腺の必要性もなくなり、脇・性器・乳輪・耳の中などのアダルト的な部分にだけアポクリン腺が残されるようになったと言われています。

つまり「フェロモンの名残…」そんな感じなのかもしれませんね。

ところが日本では、このアポクリン腺から出る成分が皮膚の常在菌によって分解された時の臭いを「嫌な臭い(ワキガ・すそワキガ)」としてひどく嫌っていますよね。

なので、現時点で「ワキガ=フェロモン」と結びつけるのは非常に無理があるとも言われています。

動物は意外にもワキガの人が大好き?その理由とは

「ワキガはフェロモン」と言われている理由には、こんな説もあります。

それは動物はワキガの人になつくという説です。これですね、本当だと私は思います。

なぜなら私は犬1匹と猫3匹を飼っているのでよく分かるのですが、ワキガ体質の私が汗をかくとものすごく臭いを嗅いでくるんですよ。とくに脇。

そして臭いを嗅いで安心するのか、みんな私の側で休み始めます(笑)

先ほどもチラッと申し上げたように、哺乳類の動物はアポクリン腺が発達しています。

このような動物は、よく互いにお尻や股間のにおいを嗅ぎ合っては相互確認しているんですよね。そして「こいつは仲間だ」とか「こいつは敵だ」と彼らは認識しています。

そういうことを踏まえると、少なからずワキガはフェロモンのような役割があると言われても不思議ではないのかもしれません。

え?ワキガの女性は人間にもモテるって本当なの?

動物に限らず、ワキガは人間にもモテやすいという噂もあります。

とくにワキガの女性はモテるという噂。

これについては真相はありませんが、考えられることが2つあります。

その1 男性のワキガが単純に臭い

男性はアンドロステノンという男性特有の臭い成分がつくられやすく、この成分がアポクリン汗に混じるとワキガの臭いが増長されやすくなります。

この臭いは決していい匂いではなく、異臭として認識されやすいのが特徴。

そのため、男性のワキガは女性よりも臭いと言わることが多いです。

だからと言って、女性のワキガが万人受けする匂いというわけではありません。

ワキガの女性が男性よりもモテやすいのは、男性が女性のワキガをどこかフェロモンと認識している部分があるからではないか?とは一応言われています。

つまり子孫繁栄、男の本能ってやつなのかもしれませんね。

その2 外国ではワキガの女性がセクシーで魅力的

これ本当なのですが、外国ではワキガの女性がモテます。

というより、日本・中国・韓国などのアジア圏以外はワキガの臭いをいちいち気にしない文化なので、ワキガに対してすごくオープンなんです。

しかもワキガを「その人の個性」としてポジティブに受け止めているため、ワキガや体臭に合った香水を使って自分という存在をアピールする習慣があります。

もちろん外国でもニオイケアをしないのはNGですよ。

でも日本のようにワキガや体臭に神経質ではないため、ワキガも個性のひとつとして上手に活かしていることがモテる秘訣となっているようです。

日本ではワキガの臭いを抑えるのがエチケット!

ワキガ人口が多い外国ではワキガに対して神経質にならなくていい、これは本当です。

しかしワキガに閉鎖的な日本ではそういうわけにはいかないので、必ずワキガ対策をするようにしましょう。

中には「ワキガフェチ」と呼ばれる人もいます。

このような人たちは、無意識のうちにワキガをフェロモンと認識しているのでしょう。

ですがそんな人はほんの一握りだと思うので、日本ではワキガの臭いは嫌われやすいものという事実を受け止めて生活していきましょう。

ワキガが原因で周囲から避けられるようになったり、電車やエレベーターの中で嫌な顔されるのだけはツラいですよね?

ワキガは治療や手術をしなくても、今は医薬部外品のワキガ対策用クリームが手に入るようになったのですぐに対策を始められます。

日頃からワキガ対策をしていれば余計なストレスが減るので、それこそ本物のフェロモンが出るようになるかもしれませんよ!

この記事のURLをコピーする

アクセスランキング