妊娠の初期症状って何!?腹痛があるのはいつからいつまで?

妊娠の初期症状って何!?腹痛があるのはいつからいつまで?

妊娠をすると時期ごとに体調や日常生活が変化します。特に妊娠初期はつわりや赤ちゃんがしっかりと育っているかと神経質になりがちです。

また妊娠初期には腹痛で悩まされる人も少なくありません。お腹の痛み方にもよりますが妊娠をしている女性にとっては軽いものでも頻繁に起こるものなら心配になります。まして初めての妊娠では不安になってしまいがちです。

そんな腹痛を我慢して一人で悩まずに、気になったらすぐに産婦人科を受診して落ち着いた生活を送ることが赤ちゃんにも良い影響を与えます。

しかし妊娠初期に起こる様々な症状で気分が悪い時に病院へいくのも辛いものです。ここでは腹痛つわり貧血などの代表的な妊娠初期に起こる不快症状をご紹介します。

スポンサードリンク

1.イタタタ!この下腹部の痛みは一体何!?

1.受精卵が着床した時に起きる「着床痛」

受精卵が子宮に着床したときに血管が傷ついて下腹部にズンズンとした痛みがあるときがあります。その時に起きる出血により下腹部に痛みが感じるときがあります。

ほんの少しの出血で一時的に終わってしまうものならさほど心配ありませんが、腹痛に伴い量が多めだったり、色が黒っぽくくすんでいるようであればすぐにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

これらの症状で起きる下腹部の腹痛や出血はすべての妊婦に起こるわけではありませんので、逆に痛みがないからといって子宮が大きくなっていないなど心配しないようにしましょう。

2.子宮が大きくなるために起こる

妊娠によって子宮が収縮運動をしたり、筋肉の緊張が起こることにより腹痛が起こることがあります。また子宮を支える靭帯が急激に伸びることからつっ張るような痛みがあります。

また子宮が拡大することで周辺の臓器を圧迫することが原因でチクチクした痛みがあります。痛みの具合や部分は個人によって差がありますが、恥骨痛や腰痛などにも及ぶ場合があります。

少しの腹痛でも妊娠中は敏感になったり心配したりしがちです。そんなときは横になったり、座ったりして様子をみましょう。通常安定期になれば自然に消えていく不快症状なので気分転換をしながら乗り越えましょう。

腹痛がある時のオススメのリラックス方法

  • 本や雑誌を読む
  • テレビを見る
  • 音楽を聴く
  • 横になって瞑想する

3.どのくらいこの腹痛や出血は続くのでしょう

妊娠初期は子宮が大きくなることで伴う周辺の組織の伸びなどで痛みが感じやすい時期です。このうっとうしい痛みや出血は妊娠が進行していくにつれ減少していきます。

出血は妊娠中期に入ると減少していくのでそれほどナーバスにならないようにしましょう。ただし出血の量が急変したり、色が黒褐色である場合は切迫流産の可能性もありますので迷わずすぐに産婦人科を受診しましょう。

一方下腹部の腹痛は妊娠中期になっても子宮は大きくなり続けるので痛みは残ります。とりわけ足の付け根の痛みは赤ちゃんが成長するに伴い下半身に重さがかかることで出産前まで続きます。

2.吐き気に耐えられない!いつまで続くこのつわり

1.つわりはなぜ起こる?

妊娠初期に妊婦が悩まされるもう一つの不快症状です。一般的に妊娠をすることでホルモンが吐き気を促す中枢を刺激することでつわりが生じるという仮説があります。

2. つわりの時期は?

妊娠4〜6週頃からつわりは少しづつはじまります。大抵16週までにはおさまってきますが個人差があり、つわりがない人がいれば妊娠悪阻と呼ばれる重症になって点滴が必要となるケースもあります。

つわりの時期は体調が優れず赤ちゃんの大切な成長過程であり、心身ともに神経質になってしまいますが、赤ちゃんの名前を考えたりベビー服を作ってあげたりと前向きにいることが大切です。

3.散歩をしに行こう!

つわりは病気でないので、気分が良い日は軽い散歩などをすることで良い気分転換をするようにします。天気の良くない日には、テレビを見たり友人とおしゃべりしたりと家でできる無理のないアクティビティでつわりにとらわれないようにすることも大切です。

4.つわりの時の食事法

またお腹の赤ちゃんも小さいので食事は食べられるもので問題ありませんが、カルシウムなどの栄養剤を医師にすすめられた場合はしっかりととるようにします。

つわりの時に食べやすい食品

  • トマト
  • 炭酸飲料
  • クラッカー
  • パン類
  • 麺類
  • バナナ
  • グレープフルーツ

3.クラクラ!どうして貧血が起こるの?

1.貧血の原因

妊娠をするとお腹の赤ちゃんに酸素を運ぶため血液が増量します。そして血中の水分量に比べ赤血球が増えないことから血中濃度が低下して貧血やめまいなどが起こります。

2.貧血をおさえる賢い食事法

赤ちゃんは自分に必要な栄養素は母体からどんどん吸収していくので、その影響で母体に支障が起きないよう鉄分タンパク質などを常に摂取しておく必要があります。

3.鉄分が欠けてしまうと赤ちゃんにどのような影響があるの?

また貧血が重くなってしまうと赤ちゃんの発育にも影響され未熟児や虚弱体質の子供で生まれる心配があります。そして大切な鉄分はできるだけ食品からとるようにし、調理法やメニューを工夫することが大切です。

鉄分を吸収しやすい食事方法

  • セロリやレモンなどのビタミンCを含んだ野菜やフルーツと一緒に食べる
  • 鉄製のフライパンで調理
  • よく噛みながらゆっくり食べる
  • 赤身の魚を摂る
まとめ

赤ちゃんを授かった女性の体は急激な変化を受けており、そのリズムに母体が影響を受ける妊娠初期は様々な不快症状が起こりがちです。

そして妊婦の心がけ一つで妊娠初期を楽しく過ごすことができればあっという間に去っていくものです。少しでもこれらの不快症状を緩和するために日常生活にちょっと工夫をし、この時期をできるだけ快適に過ごしましょう。