小学校の入学準備!必要なものの費用や金額ってどれぐらい?

小学校の入学準備!必要なものの費用や金額ってどれぐらい?

いよいよ我が子も今年から小学生!とワクワクすると同時に小学校にかかる準備費用が気になってきます。子供が進学するにつれ、揃える物も増えそれなりに経費もかかってくるものです。

とりわけ小学校は子供にとって新しい生活のスタートです。子供が楽しく小学校をスタートするために、入学に必要なアイテムをしっかりと揃えたいものです。また無駄な出費を抑え必要なものだけを購入することで、家計もスムーズになります。

そんな賢い小学校入学準備をするために、見積もりと必要な準備品とその際に注意する点などをリストアップしてみます。そして準備がそろったら、親子笑顔でいざ校門をくぐりましょう!

スポンサードリンク

1.小学校入学準備にかかる全体的な費用

早速、小学校ではどのような準備品が必要なのか見てみましょう。一般的には10万〜15万円の幅で変動しますが、これは品の選択や学校の規定によります。

また算数セットやピアニカなどはクラスによって事前に準備する必要がない場合もあり、その他のアイテムも規制されていることもあります。従って間違えた購入無駄な出費がないよう、細かな準備品は入学説明会後に購入することをお勧めします。

小学校入学に準備しておきたいアイテム

  • ランドセル
  • 入学式の服
  • 文具
  • 体操服(夏・冬)
  • 紅白帽
  • 上履き

2.気になる準備品の金額は?

小学校の準備品とはいえども質にこだわれば費用も高くなります。例えばランドセルは1万〜10万円からの幅があり、平均的に5万円前後のものが多く購入されています。

式服には15000円前後でまかなう家庭もいれば、卒業までにはサイズを持ち越せないことからレンタルや安めの式服を購入する人もいます。さらに兄弟がいる家庭ではお下がりとして利用でき経済的です。

また子供が失くしたり壊したりしやすい文房具はセールになっている時にまとめ買いをしたりしましょう。そしてできるだけ長持ちするよう名前をしっかり書いておきましょう。

その他準備品にかかる費用

  • 机・・・・・80000円
  • 上履き・・・2000円
  • 体操着・・・5000円
  • 紅白帽・・・600円
  • 文房具用品・・・6000円
  • 防災頭巾&カバー・・・3000円
  • 折りたたみ傘・・・1500円

3.小学校入学後に購入するものもまだある!

実際入学してからもあれが足りない、これではなかったなどいろいろ完璧にならないものです。さらに入学説明会では、即必要でないものの購入品がさらに加えられます。

入学準備品ほど大きな出費はありませんが、小さな出費でも頻繁になると家計にも負担がかかります。兄弟がいる場合は使っていないノートやお古の道具が本棚などに隠れていないか確認しましょう。

また集金制になっている時もあるので、壊れやすいものなら予備として購入しておけば安心です。

入学後の購入品

  • 算数セット
  • ワーク
  • ノートセット
  • 連絡袋
  • 名札
  • 水着
  • 水泳帽
  • 絵の具セット

以上のアイテムをざっと合計で約11000円の予算になりますが、入学準備にかかった約15万円の費用にさらなる1万円も用意しておかねばなりません!

4.入学してからかかるその他の経費

小学校入学準備が揃えばそれで費用は終わりというわけではありません。入学後も生徒が学校生活を開始するにあたって、給食費を始めとする諸経費が毎年かかります。

たとえ公立の小学校であってもこまかな経費がけっこうあるものです。入学準備と一緒に是非考慮に入れて家計をやりくりしましょう。またも一年にかかる費用は学校や自治体によって変動します。

また制服が必要な場合やバスや電車などでの通学の場合は、さらに年間出費がアップします。強制的な出費は削ることができないので、節約できるところで無駄な出費を抑え貯蓄をしておきたいものです。

小学校一年間にかかる経費

  • 教材費・・・5000円
  • 給食費・・・3500円(月額)
  • PTA会費・・・3000円
  • 遠足代・・・6500円
  • 傷害保険料・・・840円

5.学校外活動にかかる費用

学校が終わったら個人個人の才能を伸ばす習い事はつきものです。子供のうちに習得するものは一生身につくもので、親はすすんでお稽古をやらせてあげたいと思います。

そんな子供の習い事もたくさんの選択があり費用もさまざまです。子供の関心や向いているもの、また健康のためなど目的別によって適したものを一緒に選択してあげましょう。

子供に人気の習い事

  • ピアノ
  • サッカー
  • 野球
  • 水泳
  • 英会話

気になる年間出費を見るとピアノと英会話が約10万〜15万円、スポーツは5万〜10万円が目安です。

6. 学校が終わったら次なる勉強!学習塾

よりよく子供に勉強して欲しいために、塾は良きサポートとなります。学校で学んだことを復習することができ、勉強の習慣が自主的につけるようになることができます。

またパソコンを用いた少人数制やワンツーマン指導などいろいろなシステムの塾がありますが、子供の能力に合った学習法を選び継続できるようにしましょう。

一般的に小学生塾では、どれだけの教科を受けるかによりますが5万〜10万円ほどかかります。それにプラス教材費として4万円前後の費用が目安です。

まとめ

子供の小学校入学準備は入学式のみにとどまるのではなく、このように年間諸経費やプライベートな時間に費やすものにまで及びます。

このような準備費用を備えて、あらかじめしっかりとした準備予算を組んでおきましょう。そして入学後も学校はおかまいなく必要なものは購入を要求しますので、余裕を持った家計でやりくりしましょう。