ホワイトデーお返しくれない!お返ししない6つの男性心理とは?

待ちに待ったホワイトデーに女性が男性に期待することは、やっぱりお返し!本気でバレンタインデーにアタックした女性にとっては、ワクワクと不安がミックスした落ち着きのない1日となるでしょう。

しかし、そんな女性の気持ちに応じてくれない男性というのが一定数いるのも事実…!

ホワイトデーのお返しを無視する男性に女性は自分に気がないのか、忘れているのか不安が押し寄せるばかりです。また恋人同士の関係だったとしたら、この不安はきっと苛立ちへと変わるでしょう…。

「お返しなんて別にいいよ」みたいに、気軽な義理チョコを渡した程度では全然気にならないことですが、やはり本気のチョコレートであれば居ても立ってもいられない気持ちになります。

知らないフリをして過ごしたりみたり、気にしていないフリをしてみたりってのも何だか悔しいので、ここでは実際にホワイトデーのお返しをしてくれない男性の心理を探っていくことにしましょう。

スポンサードリンク

1. 嬉しいけど彼女がいる。

まずはこれ「実は彼女がいた」というパターンです。

バレンタインデーに贈られたチョコにお礼をしたいのは山々なんだけど、、渡した男性にすでに彼女がいる場合はやはりお返しに躊躇してしまうというものです。

といっても相手に「彼女がいるから付き合えない」といきなり伝えるのも変なお返しです。少しでも好意を持ってくれているあなたを傷つけないためにも、男性の心理としてはホワイトデーを黙ってやり過ごしたいと思ってしまうものです。

もしあなたが良く顔を合わせる身近な相手であればある程、男性としては波風立てずにやり過ごしたいと思ってしまいます。

2. 残念だけど興味がなかった。

辛いかもしれませんが、このパターンは確実にあります。

たとえあなたがその男性にゾッコンであったとしても、彼はそれほど関心がないという場合です。好みに合わない女性からの告白というものは、やはり嬉しい反面男性としても返事に困ってしまいます。

なので、相手に別に彼女がいないにも関わらずお返しを貰えなかったら、少なくともこういう可能性があるということは分かっておきましょう。ただし、それで恋が終わりという訳では決してありません。

それでも諦められなければ何度でも挑戦すれば良いだけの話です!不貞腐れてイヤミをいうような女性よりも、自分の感情に正直なひたむきな女性の方が気持ちが良いですしね。

もしかしたらそれで相手の男性が振り向いてくれる可能性だってあります。

3. 何を返してよいかわからない。

お返しに何をして良いのか分からない。こういった場合も考えられます。

「えっ?そんなことってある?」なんて思うかもしれませんが、これは実際ある話です。

すでに恋人である女性へのお礼であるならば、相手の趣味嗜好が分かっている分お返しのアイデアが浮かびますが、そこまで趣味嗜好を知っている訳でもない女性からのホワイトデーというのは、お返し選びに結構混乱してしまいます。

お菓子をお返しにしようと思っても、相手が喜ぶかどうかとか、シンプル過ぎないだろうかとか、いろいろ思い悩んでしまった挙句に結局面倒くさくなってお返しを見送ってしまうといったパターンです。

ただ、やはり面倒くさくなってお返しをしないという点を考慮すると「恋愛の脈」としては薄いと言わざるを言えません。

[adsense]

4. 周囲の目が気になって照れクサい…

こんな場合もありますね。

ホワイトデーのお返しをするということは、男性にとって女性以上に照れくさいイベントです。ましてや気になる女性へのお返しは、決定的な瞬間を意味するものとして渡す場所やタイミングも考えてしまいます。

男性によっては相手との女性へのお返しを周囲に知られたくないと思う人もいますので、取り敢えず周りにバレたくないという男性である場合であれば、もしかしたら「タイミングを見計らっている」という可能性もあります。

周囲の冷やかしによってロマンチックなホワイトデーを台無しにしたくはありませんので、そんな失敗を心配しすぎてホワイトデーへのお返しを敢えて「先送り」にしてしまうのです。

またホワイトデーのお返しをしたい気持ちはあるものの、実際お店へ出向くのが照れくさくて「買いそびれてしまった!」なんて男性もいます。

5. うっかり忘れていた!

バレンタインデーから1ヶ月後ってこともありますし、ましてや記念日などへの執着が女性と比べて極端に薄い男性でもあるので「忘れていた」なんて話は割とよくある話でもあります。

そして、仕事や私生活がハードな男性にとっては余計にホワイトデーは忘れられがちなイベントだと言えるでしょう。女性からの催促に初めて気づく男性もいるぐらいです。

相手を責めるまずその前に、相手がマメな男性であるのかどうか、仕事が忙しくなかったかどうか、などなど、、相手の環境はどうだったのかということも一度考えてみてください。

6. 仕事の都合で会う時間がない。

バレンタインデーの日からカウントダウンしていたホワイトデーがやっと来たのに、彼からは何の連絡もなし。

かなり寂しい状況ですよね…。

それにもかかわらず、男性は仕事に手がいっぱいでホワイトデーどころではないということもあります。そんな時は諦めるより他に仕方がありません。

落ち着いたときに「あ、忘れてた…ごめんね…」なんてこっちも忘れたときにお返しをくれた。なんてこともあったりします。

本気でアタックした女性にとっては少々残念ではありますが、無意味に男性からのお返しを期待せず、前向きに考えていくようにしましょう。

まとめ

男性がホワイトデーのお返しをしない理由は、見て分かるように色々とあることでしょう。ただ、やはり返ってこないということは厳しいことかもしれませんが「あなたへの気持ちがまだそこまででもない」ということでもあります。

もちろんズボラな男性や、忙しすぎる男性の場合はそうでないこともありますが、普通に考えると「まだ気持ちがそこまででもない」と判断できてしまうでしょう。

ただ、こうした事実を知ったときにあなたがどういう行動を取るかということの方が今後はかなり重要になってきます。私個人の意見としては、こういうときに前向きでいられる女性の方が今後の恋愛はうまくいくと思っています。

もちろんネガティブになることではあるので、暫くは凹んでしまうかもしれません。でも、やはり切り替えてポジティブにいくのが一番だと思います!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング