ひな祭りの意味や由来って何?これを見たら簡単に分かる!

ひな祭りの意味や由来って何?これを見たら簡単に分かる!

毎年3月3日に女の子の節句としてお祝いされるひな祭りは、女の子が健やかに育つことを願って雛人形を飾りちらし寿司などをいただく華やかな行事です。

もともとひな祭りとは季節が変わるときに、わざわいや不吉なことから健康を守りながら良いスタートをきることを意味していました。そして主役の雛人形の扱い方も、現代のように飾って置かれず川に流されていました。

さっそくひな祭りの由来や意味を含めながら、それにまつわる豆知識であなたもひな祭り通になりましょう。またお友達にも教えて楽しいひな祭りをお祝いしましょう。

スポンサードリンク

1.ひな祭りの2つの由来はこんなところにあった!

1.上巳の節句

上巳の節供とはそもそも中国の五節句のひとつで、3月上旬の巳の日に邪気を追い払うための儀式でした。またこの時期は疫病などにかかりやすかったため、人々の健康を祈りながら身代わりの人形をこしらえました。

雛人形の始まりとなるこの人形は、ワラや紙などシンプルな材料で作られた人形でした。そしてこの人形で体を清めた後には、お供え物と一緒に人形を水辺に流しながら厄払いをしました。

2.ひいなあそび

もう一つのひな祭りの由来として「ひいなあそび」があります。大人から子供まで貴族の間に広まったままごと遊びで、「上巳の節句」と一緒になることで「流し雛」が生まれました。

しかし次第に人形の質が向上するにつれてそのうち人形を川へ流す風習は消えていきました。人形の容貌も美しくなり、「雛流し」は現代のように「飾り雛」として楽しむようになりました。

そして江戸時代になってから3月3日がひな祭りとしてお祝いされる行事になりました。

2.ひな祭りの意味を探ってみよう!

ひな祭りはもともと男女の健康を祈願のために行われた行事でしたが、雛人形を飾ったりすることで女の子の節句となりました。

そしてひな祭りは、雛人形が女の子のために厄払いをすることによって健康や幸福を願った意味でお祝いされるようになりました。そのお祝いに伴って美味しい料理などで雛人形を囲み、我が子をいつまでも守ってくれるよう家族みんなで祝う大切な年間行事となりました。

従ってひな祭りは単に雛人形を段に配列してお部屋を彩るだけでなく、彼らは女の子の大切な守護神として毎年お清めをしてくれているのです。

3.雛人形はいつ飾るの?

ひな祭りのイメージは春です。その意味もあって2月4日の立春の日以降に飾るのが一般的です。そして素敵な雛人形を少しでも長く楽しめるための丁度良い期間でもあります。

そしてひな祭りが終わったら、「嫁入りが遅くなる」と言う迷信を避けるためにも、雛人形をすぐに片付けるようにしましょう。

また時間がなかったり、うっかり忘れていたりしてひな祭りの前日に雛人形を飾るのは好ましくありません。1日だけの雛人形を鑑賞するだけでは女の子を守る効果も半減してしまいますね。

4.ひな祭りにいただく食べものとその意味

ひな祭りに食べられるのもはおめでたいイベントを祝うように、その日にいただく料理は明るい春のイメージのものが並びます。

”明かりをつけましょ、ぼんぼりに〜”と陽気なうたとともにおいしいひな料理をいただきながら、その典型的なひな祭りのお供え物の由来とその意味も一緒にみてみましょう。

ひなあられ

ひな祭りに欠かせないパフのように軽いお菓子は定番です。実はこのひなあられにも長いストーリーがあり、貴族の子供達が雛人形に春を見せるという行事「雛の国見せ」に由来しています。

かつては菱餅を揚げていただいていたものですが、その風習は関西のひなあられに残っており、米を破裂させて作る関東の甘口なひなあられに比べ、甘塩風味で親しまれています。

ちらし寿司

平安時代に始まったこの寿司のアレンジメントは、寿司の起源でもある「なれ寿司」というシンプルな寿司にエビや野菜などをのせて次第に華やかにしたものです。

また使用される材料には、それぞれ長い健康を願う意味が含まれています。

はまぐりの吸い物

すっきりとした味わいのはまぐりのお吸い物も大切な意味があります。平安時代に「貝合わせ」という遊びから現代に継がれ、その対になっている形から、いつまでも仲の良い夫婦でいられるよう女の子への願いが込められています。

菱餅

菱餅の起源は中国からの伝来したもので、元は草餅でした。江戸時代に入って現在の三色ひし形になり、赤色は桃の花、白は雪解け、緑は新芽を意味しています。

まとめ

楽しいひな祭りにはこのような奥深い意味があったのですね。それぞれの風習をタイムバックしてみてみると、新ためてひな祭りに託された女の子への願いがわかります。

これからは女の子の守護神とも言える雛人形を鑑賞、そして感謝しながらよりよいひな祭りをお祝いしましょう。