四国香川!香川へ行くならこれだけは見たいおすすめ観光地とは

香川といえば「うどん」のイメージしかない…という人も多いと思います。自ら「うどん県」と名乗っちゃってますからね。

しかし、香川県はうどんだけじゃなく見どころもいっぱいあるのです!歴史的な観光地や近年注目されているアートスポットも魅力的です。

そんな香川に行った時に、ぜひ見てほしいおすすめ観光地をご紹介します。

スポンサードリンク

アートの島『直島』

直島は瀬戸内海に浮かぶ島で、安藤忠雄さんが設計した地中美術館、草間彌生さんがデザインした黄色のかぼちゃなど、島全体に様々な現代アート作品が展示されているアートの島として、国内だけでなく海外からも人気が高い島です。

浜辺や集落にもアート作品が!カメラを持って島を散策

クロード・モネの『睡蓮』が所蔵してある地中美術館李禹煥美術館、現代美術館とホテルが一体となったベネッセハウスなど、アート好き必須の施設が直島にあります。また施設だけにとどまらず、浜辺や集落にも様々なアート作品を展示しています。

集落で普段利用されている公衆浴場自体がアート作品になった『直島銭湯』や古い古民家を改修してアートな空間にした『家プロジェクト』など、街を歩きながらアート作品に触れることができます。

お洒落なカフェも多いので、カメラを持ってゆっくり島を散策してみてはいかがでしょうか?
「直島(なおしま)観光旅サイト」直島町観光協会公式
ベネッセアートサイト直島

パワースポットとして人気な『金毘羅宮』

「こんぴらさん」の愛称で親しまれている金毘羅宮。

江戸時代に庶民が唯一旅をすることをゆるされたのが、伊勢神宮とこの金毘羅宮でした。今でも人気にパワースポットとして、年間300万人の観光客が訪れています。

本宮まで785段の石段がある!

金毘羅宮は山の中腹に建てられた神社なため、石段の多さで有名です。本宮までは785段、さらに奥社まで1368段もの石段があります。なので、ちょっとした山登りをしながら神社にお参りに行く感じです。

しかし、参道に様々なお土産屋さんや食べ物を売っていて、見るところがいっぱいあるので本宮まではわりと楽しみながら登れます。

体力に自信のある方は、さらに上の奥社を目指してみてはいかがでしょうか?登り切った達成感と雄大な景色を味わえます。
金刀比羅宮
金刀比羅宮 | 観光スポット | こんぴら へおいでまい | 古き良き文化の町こと …

ミシュランガイドで3つ星に選定された『栗林公園』

栗林公園は国の特別名勝に指定され、フランスのミシュラン観光ガイドでも最高の3つ星に選定された回遊式大名庭園です。75万㎡の広大な敷地に手入れの行き届いた松林や6つの池や風情ある茶室があります。

朝早くから楽しめる庭園

栗林公園は全国的にも珍しく早朝から入れる庭園で、春夏はなんと朝5時半から入れます。早起きして庭園内を散策して、園内にある茶室で朝粥を食べるのもおすすめです。
特別名勝 栗林公園 | 一歩一景を誇る大名庭園
花園亭 公式ホームページ

源平合戦の大舞台『屋島』

横に長く広がった屋根のような不思議な形をした屋島ここは平安時代末期に繰り広げられた源氏と平氏の戦いの歴史に残る大舞台でもあります。那須与一が射抜いた扇の的のエピソードなど、歴史好きならワクワクしてしまう数々の伝説が誕生しました。

瀬戸内海の多島美を堪能できる山頂

屋島の山頂にはあちこちに展望台があり、山頂の平坦な地形ゆえ大パノラマで瀬戸内海の景色を眺められます。昼は海と多島美を堪能でき、夜は高松市街地の夜景を楽しむことができます。

また、山頂には『屋島水族館』があったり、屋島の中腹には四国の古民家や歴史的建造物を移築した博物館『四国村』があり、家族連れでも楽しめるスポットです。
屋島ナビ
新屋島水族館

まとめ

日本一小さい県ですが、意外と見どころが多い香川県。うどんも堪能しつつ、ぜひ観光も楽しんでくださいね。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング