あこがれの一人暮らし!女性の一人暮しの生活費はどのくらい?

帰りが遅くなっても誰にも叱られない!好きな時に好きなように起きて寝られる!彼氏を自由におうちに呼べる!自分好みのインテリアにできる!

一人暮らしは家族と一緒では味わえない自由を満喫できます。実家暮らしの人にとっては憧れですよね。とはいえ先立つものはやっぱりお金。女性の一人暮らしに生活費はいくらくらいかかるのでしょうか。

スポンサードリンク

20代~30代女性の収入の相場って?

生活費は収入の範囲内におさめるのは当然のこと。まずは、20代~30代女性の収入から確認します!

貯金まで回らない!20代女子の手取り月収の平均は?|マイナビウーマン

30代女子の年収を大発表!あなたはみんなの収入より多い?少ない?|マイナビウーマン

2014年版!これが年代別平均年収だ 男女差、企業規模別、業種別ランキング|マイナビウーマン

平成26年分民間給与実態統計調査|国税庁(PDFファイル)

20代~30代女性の年収のボリュームゾーンは、230万~300万円くらいのようです。こちらをもとに一人暮らしにかかる生活費を算出しましょう。

生活費の算定

一人暮らしの生活費については、総務省統計局の単身世帯家計収支の調査結果からおおよその額を予測できます。

統計局ホームページ/家計調査(家計収支編) 調査結果「第4表 単身世帯年間収入五分位階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出(単身世帯のうち勤労者世帯)」 | 総務省統計局

年収230万~300万円のゾーンは年間収入五分位階級のⅡ(237万円~326万円)に該当するので、こちらをもとにして一人暮らしの生活費の費目をご紹介します。

住居費(家賃):5~6万円

一人暮らし20代男女の家賃は月5~6万円が相場です。

20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ 2009|SUUMO(スーモ)

女性は、男性より家賃が割高になる傾向が。1階はNGだったり、オートロック必須だったり、駅に近い、夜明るい、治安がよいことなど、周辺環境も大切です。防犯や安全を押さえていくと、どうしても家賃は上がってしまいますよね。

こんな時どうする?防犯対策ファイル|SECOM

食費:3万5000円

引越し侍エイチームのアンケートによると、20代女性の月の食費平均は3万3814円、30代女性は3万5762円という結果に。約3割の女性が、「朝食・夕食は、ほぼ毎日自炊している」と答えたそうです。

週どのくらい自炊する?一人暮らし女性の自炊事情を調査!|引越し侍

マイナビ学生の窓口調べでは、自炊派と外食派で食費にはっきりとした差がでているようです。一人暮らしで生活費をおさえたいなら、自炊できるようになるべしですね!

一人暮らし大学生の食費は1ヶ月あたり平均27000円。外食派と自炊派ではっきり差が!|マイナビ学生の窓口

被服費:8,000円

女性は男性より洋服にお金がかかりがち。流行を取り入れないといけないし、毎日同じ洋服を着るわけにもいかないし。周りの子とかぶるわけにもいかないし。なによりおしゃれと思ってほしい!

とはいえ、湯水のように使うわけにはいかない洋服代。一人暮らしならなおさらです。被服費は月8,000円くらいが相場のようです。

【男女別】1カ月の洋服代ランキング 女性平均7882円 男性は?|マイナビウーマン

一方節約しなければならないとき、男性は外食の次に食費を削るのに対し、女性は洋服代を削る。洋服に無駄にお金をかけていることは、女性自身もわかっているようです。

【男女の金銭感覚差】金欠のとき節約する部分 1位は共通で「外食費」2位は?|マイナビウーマン

通信費:7,000円

現代生活にかかせないスマートフォン。スマートフォンを利用している人の月額利用料は6,785円というアンケート結果があります。だいたい、通信費は月7,000円くらいとみてよさそうです。

BIGLOBEが「スマートフォン利用状況アンケート」を実施~概算平均月額利用料6,785円、節約のために約半数が通話アプリを利用~|BIGLOBE

通信費については、スマホ代をどう安くするかで差が出そうですね。格安スマホにするなど、工夫の余地はありそうです。

保険料:3,000~4,000円

シングルなら、まだ生命保険に入る必要はないでしょう。25歳~35歳までなら月3,000円~4,000円ほどで、満足できる保障を得られる医療保険に入ることができます。結婚して家族が増えるタイミングで保険の切り替えをしていけばよいでしょう。

シングルなら月3000円台で必要な保険に入れる!|Allabout

美容費:数千円まで

女性は、美容費も捻出しなくてはならない。美容院にいったり、化粧品を買ったり、美容サプリが手放せなかったり。ネイルサロンに通う人もいれば、エステに通う人も。一人暮らしな月に数千円ほどがめどです。

働く女子が1カ月に美容にかけるお金は?⇒3,000円未満が36.3%!|マイナビウーマン

一人暮らしにかかる生活費

統計局、他のデータをもとに算出した、20代~30代女性の生活費(月額)は以下の通りです(住居は持ち家ではない女性を想定しています)。

■家賃:5~6万円
■食費:3万5000円
■水道光熱費:8000円
■家具・家事用品:3000円
■被服費:8000円
■保健医療:7000円
■通信費:7000円
■教養娯楽:1万6000円
■交際費:1万1000円
■預貯金:1万6000円
■保険料:3000~4000円 
■その他:2万4000円
総計:18万8000円~19万9000円

※保健医療費:医薬品、コンタクトレンズなどの保険医薬品、医療費など。
※住居費はSUUMO、通信費はBIGLOBEのデータを、保険料はAllaboutを参考にしました。

まとめ

自由は責任とセット。身の回りの始末を自分でつけるのが、一人暮らしでの責任です。

実家暮らしで貯金をガシガシ貯めるのもよいですが、一人暮らしで得られる経験やスキルは、これからの人生に役立たないわけがない!お金については、知識と工夫でなんとかなりますよ。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング