美人とブスの生涯年収の差が凄い!?この違いの理由って?

美人とブスの生涯年収の差が凄い!?この違いの理由って?

これはもう周知の事実なのですが、美人というのは言うまでもなく男性にモテます。

ただ世間的にブスと言われてしまう人でも、愛想が良くモテる人もいますので、もちろん「美人が良い」だとか「ブスが悪い」だとか、そういう話は決して一概に言うことができません。それぞれ一人一人に女性としての魅力というものがありますからね。

…とは言いつつも、やはり長い人生単位で美人とブスの生涯年収を比べてみると…なんと「1億円!」という差がデータで証明されているから驚きです。

しかし、一体なぜそのように莫大な差が生まれてしまったんでしょうか?

「ブス」であることでマイナスにされるという判断は不公平だと思いますが「美人」に生まれた方がラッキーであることは否定ができません。

そんな美人との差がなぜこんなにも開いてしまうのか?さっそく美人が持っている魔力について徹底調査していきましょう。

スポンサードリンク

1. 高収入の男性は美人好き!

image273

いわゆるエリートタイプの男性というのは、自分の社会の地位を向上させるために縁の下の力持ちとして、女性にある程度の条件を求める傾向が少なくともあります。事業のトップや社長、青年実業家などは、学生時代からそのプライドを肩に背負って生きています。

そんなハイクラスで仕事をこなす男性は、それなりの彼のレベルに匹敵した又は「ふさわしい女性」を選ぼうとする訳です。そんな男性に選ばれる女性は「美人」「高学歴」そして「お金持ち」の家系などが好まれる傾向にあります。

そして実際彼らが美人に費やす年間金額はおよそ100万円!だと言われています。

またスポーツ選手などの高給取りもモデルや女優さんを好む傾向にあります。一流のスポーツ選手になると、芸能を兼ねた仕事もするようになりさらに収入はアップします。そして、そこで得たお金はさらに美人に使われるという訳です。

別にスポーツ選手に限定という訳ではなく、基本的に美人は玉の輿に乗りやすく、必然的にブスは取り残されて一般的な人生を送ることで年収に差が出てしまいます。

1億の差が出る美人が貢がれる内容 

  • プレゼント
  • 食事代
  • 旅行

具体的に大きく年収の差を生むものはこういったものです。

家などを買ってもらう…というのはなかなか難しい話なのかもしれませんが、小さな食事代だけでも月に5万円で年間60万円、20年間これが繰り返されれば単純計算1000万円は軽く超えてくる訳です。

洋服や高級アクセサリーなどもプレゼントされるでしょうし、とにかく美人はプレゼントをもらうという機会が想像以上に多いです。こういった小さな積み重ねが積りに積もり、1億円の生涯所得の差につながってしまうのでしょう。

2. 美人を武器に高収入の仕事を得られる。

美人であることは一つの特権です。仕事に関してもモデルやショーガールなど、特別な仕事をゲットする可能性が非常に高くなります。

そしてこれらの仕事は基本的に高収入であり、たとえ若いうちにできる仕事でも、場合によっては一生食べていける額を短期間で稼ぐことだってできてしまいます。例えばトップモデルの収入はエリート男性の収入をはるかに上回る莫大なものになっています。

そしてこのような仕事を通してさまざまなVIPと知り合うようになり、世間で言われる「富豪」と呼ばれる人達と付き合えるチャンスが待っている訳です。たとえ結婚をしなくても、その先は贅沢な生活が保証されていることでしょう。

それに比べブスができる仕事は一般事務や店員など、地味な仕事になってしまう確率が高いです。ただ学歴やある技術を持っているならば、高額収入の仕事を探すのは不可能ではありませんが…。

3. 仕事上優先的に支援される。

「仕事はそこそこだけど、いつもいいポジションについてサポート役が常についている」なんて美人の同僚と今まで働いたことはありませんか?

上司に気に入られやすいので、ヘマをしても注意されません。されませんし、寧ろ一緒になって手助けをしてあげたくもなります。自由に有給休暇も取ることができ、上司を武器に周囲からの目もあんまり気にすることがありません。

また、やりやすい仕事はその彼女に優先的に回されますし、さらに意向を聞いてあげたりと、他の社員に比べ明らかに親切に対応されます。

特にこれといった能力がなくても給料がアップしたり、何かの責任者を任せられたりと特別な役職を得られやすいこともあります。

こんな風に、自然と高いポジションに上がっていき、結果として収入も上がっていくというパターンです。

スポンサードリンク

4. 中年のおじさんから大人気!

美人であれば、尻尾を振って駆け寄ってくる「中年期の男性」を手玉にとるなんてお手のもの。彼らは基本、美人に貢ぐのが大好きです。たとえ本気で落とすつもりでなくても、美人と一緒にいることで心が癒されるからです。

そんなおじさんたちの話し相手になってあげるだけで、彼らはいとも簡単に上機嫌になります。そして食事を奢ったり、定期的なプレゼントをするという訳です。

中年期の男性というのは年齢的にも経済力がある年代なので、美人を楽しませるためのリクエストなら次から次へと何でも応えることができてしまうという訳です。

5. お店で買い物をした時に割引をしてくれる。

行きつけの店などでは「美人な常連客」として待遇をして受けられる確率が非常に高くなります。他のお客さんには絶対しない特別なサービスなんかも、美人であれば話は別!寧ろ向こうから歓迎してやってくれたりします。

ブスの人は美人に対して容姿に魅力が欠けますので、このような特権は偶然にはいきません。もしかしたら常連客になることで割引を受けることは可能かもしれませんが…。

まとめ

美人で生まれても、ブスで生まれても、大切なことは愛想良くすることです。美人は一緒にいて引き立つけれど、内面的に美しさがない人もいます。

ただ容貌が魅力的であれば男性からの頻繁な誘いを受けやすく貢がれるのは事実です。ですが良い年収を稼ぐには、やはり他の部分である程度の才能や人格がないと決して成立はしないというのもまた事実!

大事なことは「美人」「ブス」とあまり拘らず「自分に自信を持って満足した人生を送る」ことなのかもしれません。