ドイツへの旅行なら!おすすめの都市や観光地はどこ?

私は「ドイツ」が大好きです!

以前の仕事の関係上、たびたびビジネスで訪れたドイツ。行く度に新しい魅力を発見することが出来ました。今回は、私が声を大にしてお勧めしたい「ドイツの観光地」をいくつかご紹介いたします。

スポンサードリンク

1. ノイシュヴァンシュタイン城

img2

こちらはテレビなどでも度々紹介されていますが、ドイツへ行ったのなら必ずチェックしておきたい観光地の一つだと思います。その外観は、まるで「おとぎの国」シンデレラ城のモデルになったお城としてもよく知られています。

真っ白な壁に青い屋根。そして煌びやかな装飾。遠目で見ただけでも半端ないオーラを発しているお城です!私はミュンヘン駅から現地ツアーで行ってきました。ミュンヘン駅からだと、だいたいバスで1時間半くらいでしょうか。

ただ、バスを降りてお城へ向かうまでがなかなか大変!山道をずっと登って行くことになります。大きな吊り橋があったり、明らかに危険な崖を目の前にしたり…ハラハラドキドキでお城へ向かうことになります。

ちなみに、途中までなら「馬車」に乗って行くことが出来ます。馬車でお城へ向かうなんて、本当に素敵なことだと思いませんか??憧れますよね。

2. コンスタンツ

img3

日本ではあまり知られていない地名かも知れません。

でも、ドイツやその近隣の国から多くの観光客が訪れる観光スポットだったりします。コンスタンツにある「ボーデン湖」はそれぞれ「ドイツ」「オーストリア」「スイス」の国境に位置しています!

そしてコンスタンツの町並みはとにかくかわいいんです!大きな街ではありませんが、それだけにゆっくりと見て回ることが出来ます。歴史的建造物おとぎの国のような街並みは、癒しの空間として最適だと思います。穴場スポットですよ!

ちなみに私は、コンスタンツのマイナウ島で結婚式を挙げました。マイナウ島は、春になると色とりどりの花に囲まれ、とてもロマンティックです。たくさんの花に囲まれて挙げた結婚式は、今でも夢の中のような光景として思い出に刻まれています。

3. アリアンツ・アレナ

img4

こちらは「サッカースタジアム」になります。球体の建物が特徴的です。ドイツワールドカップのときに建てられました。

筆者の私はサッカーも大好きで、特にドイツの「ブンデスリーグ」にハマっていたりします。もともとドイツ語を学ぼうと思ったきっかけも実はサッカーだったりします。ドイツ語を学んでドイツに住んで「好きなだけサッカーを見るんだ!」というのが、若かりし頃の私の夢でした。

ドイツに住むことは叶っていませんが、度々ドイツへ行ってサッカーを観戦することが出来るようになりました。その中でも、私が一番好きなチームが「バイエルン・ミュンヘン」です。今回の「アリアンツ・アレナ」はバイエルン・ミュンヘンのホームグラウンドなんですね。

独特の外観や壮大な観客席は圧巻です。試合がないときでも「見学ツアー」が行われていますので、ミュンヘンへ訪れた際は、是非立ち寄ってみて下さいね。選手たちのロッカールームまで見学できちゃいますよ!サッカー好きには必見だと思います!

ちなみにアクセスは、ミュンヘン駅から電車で15分程度。試合があるときは、ミュンヘンの街全体が大盛り上がりです!何も知らない人は「一体何事??」と思ってしまうかも知れません。

私はバイエルン・ミュンヘンのキャップをかぶって街を歩いていたのですが、すれ違い様にハイタッチを求められたり…。バイエルンファンは皆友達!!と言った雰囲気です。

とにかく街の人たちはサッカーに熱いんです。

[adsense]

4. ケルン大聖堂

img6

こちらも度々テレビなどで紹介されている有名な観光地ですよね。ドイツのケルンにあります。こちらの大聖堂はとにかくスケールが違う!大きい、豪華、古い!!

ありきたりな表現で申し訳ないんですが「言葉を失くすほど美しい」という表現がよく似合います。

その佇まいを目するだけで、身動きすら出来なくなる…それほど壮大で美しく、ある意味恐怖にも似た感覚が芽生えると思います。

5. ベルリン

img7

1989年、11月9日に崩壊したベルリンの壁!私は当時「ただ事じゃない」と幼心に感じていました。西ドイツと東ドイツを隔てていたこちらの壁は、ドイツの歴史に深い傷跡を残しました。

そんなベルリンの壁ですが、今では「観光地」そのもの。私は現地へ行くまで、ベルリンの壁にはやや暗い印象を持っていました。しかし実際に行ってみると…そこはもう完全にアートな世界!!だったのです。

実は、ベルリンは近代アートが盛んな都市として知られています。また、近代的でオシャレな建築物が多く、ドイツ国内で最も栄えている都市と言っても過言ではありません。街の人たちはとても陽気です。全然暗いイメージなんてありません。

まだ残っているベルリンの壁には、様々なアートが施されています。とっても近代的な壁画の数々を見ることが出来るんですね。

まとめ

ご紹介した以外にも、ドイツには見どころがたくさんあります。街並みひとつをとっても、日本とは全く異なる雰囲気を感じることが出来ます。ちょっとしたカフェやレストランが、実は「歴史的な建物」だったりするんです。

ちなみに、ドイツ人は「ビール」「ソーセージ」をこよなく愛しています。その噂は「本当」です!ドイツへ行ったら、各地のビールやソーセージを堪能してみて下さいね。その土地独自の味わいを楽しめますよ!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング