靴の中が臭い!靴のイヤな臭いを消す方法や予防策ってある?

靴の中が臭いと、彼氏・彼女の家に上がることをためらってしまったり、周りの目を気にして靴を気軽に脱げなかったり、日常生活にかなり支障が出てしまいます。

靴のイヤな臭いを消す方法や、有効な予防策はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

なんで靴の中は臭くなるの?

臭いの原因は『雑菌』+『雑菌の栄養源』+『高温多湿』

実は臭いの原因とされる雑菌自体は臭いません。その雑菌が出す老廃物が臭いのです。

靴の中というのは、その雑菌の栄養源が豊富で、雑菌にとって居心地のいい高温多湿な環境なのです。よって『雑菌が繁殖する=雑菌の老廃物がいっぱい』という状態になり、臭くなるのです。

雑菌の栄養源は汗・皮脂・アカ

雑菌は汗・皮脂・アカが大好きです。そして足はこれら雑菌の大好物が豊富な場所なのです。まず、足の裏にはエリクソン腺という汗腺があり、そこから汗が1日にコップ1杯分出ているといわれています。

そして足は角質がとても厚い部分で、その角質がポロポロ落ちて、雑菌の御馳走であるアカが大量にできるのです。

革靴をはき10分もすると湿度はほぼ100%

密閉度の高い革靴やブーツをはくと、わずか10分で湿度がほぼ100%になります。そして歩いたりすると体温も上がり、雑菌にとって最高の環境である『高温多湿』のムレムレ状態が出来上がってしまいます。

靴の中は、まさにこの3つの原因が揃ってしまうのです。

すでに臭っている靴のイヤな臭いを消す方法は?

重曹を使って匂いを消す

手軽に手に入り、あらゆる汚れ効果を発揮するということで脚光を浴びている「重曹」。靴の臭いにも効果を発揮するのです!

重曹には優れた『消臭作用』があることは有名ですが、他に『吸湿作用』もあるのです。そしてやり方もとっても簡単です。

用意するもの

  • 重曹…1/2カップ
  • 使い古しの靴下やストッキング。通気性の良い袋でも可

重曹を靴下に入れて、こぼれないように口元をキュッと結び、靴の中に入れるだけです。

天日干しにする

太陽の紫外線の殺菌力はかなり高く、ある実験によると、開始前に約8100万いた黄色ブドウ球菌が、太陽に1時間あてると0になるという驚くべき結果が!

天日干しの殺菌効果| 比べる×調べる | エフシージー総合研究所

カラッと晴れた日に靴を天日干しにするのも、かなり有効です。もっとも紫外線が多く降り注ぐ、午前10時~午後2時の間に干しましょう。ただし、革靴は紫外線に当て過ぎるとダメージがあるので、天日干しは避けたほうがいいでしょう。

市販の消臭グッズを使う

重曹や天日干しで臭いを取る場合は、ある程度時間がかかります。より短い時間で消臭したい場合は、市販の消臭グッズを使いましょう。

最近の市販の消臭グッズはスプレータイプのものから、パウダーを少量、靴の中に直接散布するものなど、様々です。靴の形や利便性に応じたものを選びましょう。

もう臭わせない!靴の臭いの予防策は?

同じ靴を毎日続けて履かない

雑菌は高温多湿な環境が大好きなので、靴についた湿り気が完全に乾ききらずに再び履くと、さらに雑菌が増殖してしまうことになります。

なので、毎日同じ靴ばかり履かずに、数足の靴を日によってローテーションさせて、履いた靴は完全に乾燥してから再び履くようにしましょう。

消臭インソールを使う

汗腺は足のつま先部分に集中しているので、靴の奥が特に臭くなりやすい部分です。消臭インソールだと、靴のつま先部分まできちんと防湿、除菌をしてくれます。

5本指ソックスを履く

足の指と指の間の汗は、中々乾かないので雑菌が繁殖しやすい恰好のポイントなんです。しかし、五本指ソックスなら、指と指の間の汗を即座に吸い取ってくれます。

五本指ソックスは、最近はだいぶメジャーになってきて、女子の中では、冷え取り対策グッズとしても重宝されています。また、ストッキングの下に履けるものもあるので、ぜひ気軽に履いてみて下さい。効果テキメンです!

まとめ

靴の臭い対策は、靴を乾燥させること、つま先部分を特に重点的にケアすることで、かなり改善されます。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング