世界最大のビール祭!本場ドイツのオクトーバーフェストとは!

世界最大のビール祭!本場ドイツのオクトーバーフェストとは!

『オクトーバーフェスト』…ビール好きな人なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ビールの本場ドイツで毎年開催される世界規模のビール祭のことです!

近年は、日本でも普及しており、各地で開催されていますが、本場ドイツのオクトーバーフェストはどのようなものなのでしょうか?その中身と魅力に迫ります。

スポンサードリンク

オクトーバーフェストってどんなお祭り?

広大な敷地で16日間続くビール祭り

オクトーバーフェストは、ドイツのバイエルン州の州都ミュンヘンで開催され、毎年650万人以上のビールファンが集う世界最大規模のビール祭りです。

どのくらいの規模かというと、開催期間は9月末から10月の第1日曜日を最終日とする16日間も続きます。そして、会場は42ヘクタールの広大な敷地。なんと東京ドーム約9個分その中に巨大なビールテント14棟と屋台、遊園地まで出現します。

ちょっと日本では想像しにくい規模ですが、まさに、飲んで食べて大いに遊ぶ世界規模のお祭りなのです。

盛大なパレードでお祭りスタート!

お祭りの初日2日目には盛大なパレードも行われます。初日のお祭りの従業員たちが馬車に乗ったパレードとともに、オクトーバーフェストは始まります。そして、二日目にも、バイエルン州の民族衣装を纏った総勢9500人が会場を練り歩きます。

特大ビールとドイツ料理を堪能!

テントによって違うビールの味と雰囲気

会場には、14棟の巨大テントの他にカフェや居酒屋など計20の小テントが点在しています。

その巨大テントの多くは、ミュンヘンのビール醸造所が直営するビアホールで、それぞれの醸造所ごとの味が楽しめます。各テントごとに、雰囲気も違っていて、落ち着いた雰囲気のテントもあればロックのライブをしているテントもあります。

どのテントも人が一杯なので、席を見つけて注文するまでが一苦労だったりするので、事前に空いている日等の情報を調べ、計画的に行くことをおすすめします。

1リットルジョッキで出されるビール

このお祭り最大の楽しみのビールは、地元ミュンヘンの名門醸造所がオクトーバーフェス用に特別に用意したもの。アルコール度数6~7%と、通常のビールよりも高めです。そして、なんと1リットルジョッキで出されます!

ビールの価格は、毎年値上がり傾向にあり、2015年は10.10~10.40ユーロくらいだったようです。

様々なドイツ料理も楽しめる!

ビールとともに様々なドイツ料理も楽しみの一つです。

ビールと相性抜群のチキンの丸焼きや、屋台の鉄板でジュージュー焼かれている熱々のソーセージをパンにはさんで食べたり、『オクセンブラーテン』というステーキのようなものもあり、肉料理はかなり充実しています。

サイドディッシュのジャガイモ料理や、日本でいう”おにぎり”感覚のビッグサイズのブレッツェルもあります。

帽子や衣装で気分を盛り上げて

オクトーバーフェストには、基本的に何を着て行ってもOKですが、人混みの中に入るので、汚れても平気な動きやすい服装が最適です。しかし、より一体感を味わうなら、このお祭り特有の帽子や衣装を身に着けて参加するのもおすすめです。

一番手軽なのが、帽子をかぶること。青と白の格子模様の派手派手帽子やビアジョッキ型の帽子をかぶっている人が、会場内にたくさんいます。

地元ミュンヘンの人々は、みんなバイエルン州の民族衣装を着て参加しています。女性は、ブラウスにエプロン付きジャンパースカートの“ディアンドル”を、 男性はシャツに“レーダーホーゼ”という革ズボンをはいています。

こちらの衣装はミュンヘンの駅や市内のいたるところで売っているので、より本格的に楽しみたい方は現地で購入して参加するのもアリですね。

まとめ

言葉が通じなくても、ビールとノリさえあれば、知らない人ともあっという間に仲良くなれてしまう『オクトーバーフェスト』。ビール好きなら一生に一度は体感したいイベントですね。