憧れのフランス!1度は見たいフランス旅行おすすめスポット8選!

憧れのフランス!1度は見たいフランス旅行おすすめスポット8選!

芸術、フランス料理、ファッション、歴史…世界中の人々を魅了してやまないフランス。フランスに旅行に行くなら、絶対外せないおすすめスポット8選をご紹介します。

スポンサードリンク

1. エッフェル塔/パリ

どこから見ても絵になる!パリのシンボル

パリと言ったら、やはりエッフェル塔ですよね。パリを訪れたら、ここで写真を撮らないわけにはいきません。近くのメリーゴーランドと一緒に撮ったり、王道の撮影スポット「トロカデロ広場」から撮ったりと、絵になる風景がいっぱいです。

また、エレベーターで塔の最上階まで登り、シャンパンを飲みながらパリの街並みを見下ろすのもオツなものです。

2. 凱旋門~シャンゼリゼ大通り/パリ

パリ観光の王道スポット

「世界最大の門を!」というナポレオンの命で作られた凱旋門屋上まで螺旋階段で登ることができ、パリの素晴らしいパノラマ風景を楽しむことができます。

また、凱旋門から続くシャンゼリゼ大通りには、カフェやレストラン、大型エンターテイメント施設、ファストファッションからラグジュアリーブランドの旗艦店が立ち並び、ファッション、食、エンターテイメントすべての目的を叶えることができます。

3. ルーブル美術館/パリ

世界で最も有名な『美の殿堂』

『モナ・リザ』『ミロのヴィーナス』等、誰もが知ってる有名な作品を多数所蔵しているルーブル美術館

コレクション数はなんと30万点!そのなかから、約3万5000点が常設展示されています。普通の美術館とは規模が違うので、じっくり見ると丸1日かかってしまいます。水曜、金曜は夜も開いており、イルミネーションとアートが両方楽しめます。

4. モンマルトル/パリ

芸術家が愛した下町

ピカソユトリロなど名だたる芸術家たちが愛した街モンマルトル。映画『アメリ』の舞台にもなり、あの街並みに憧れた人も多いのでは?

見どころは、ロートレックが愛した老舗キャバレー『ムーラン・ルージュ』、ビザンチン様式の白亜の3つのドームが美しい『サクレ・クール聖堂』、似顔絵描きや大道芸人でにぎわっている『テルトル広場』などです。

5. クリニャンクール蚤の市/パリ

雑貨好きなら必須!チープで可愛い雑貨がいっぱい♪

3000店のショップが連なるパリ最大規模の蚤の市です。アンティークジュエリーや食器、家具、古着、美術品、安くて可愛い雑貨まで様々なお店があります。中にはガラクタなのでは?と思うものもありますが、フランスの日常の生活に触れられる場所です。

週末の土日と月曜に開いていますが、月曜は閉まっている店も多いので土日に行くのがおすすめです。

6. ディズニーランド・パリ/イル・ド・フランス

フランスならではのお洒落な街並みのディズニーランド

シンボルでもあるピンクの『眠れる美女のお城』を筆頭に、パーク内はフランスならではのお洒落な街並みで、散策するだけでパリジェンヌ気分に。

日本より高速の『ビッグサンダーマウンテン』や、アリスが冒険した不思議な世界が再現されている『アリスの迷路』はフランスオリジナルのアトラクションもあり、日本のディズニーランドとの違いも楽しめます。

7. ヴェルサイユ宮殿/イル・ド・フランス

マリー・アントワネットの生活を垣間見て

「有史以来、最も大きく、最も豪華な宮殿を!」ルイ14世の一声で作られた、世界一豪華な宮殿「ヴェルサイユ宮殿」

フランス中の建築家、画家、彫刻家、造園家を集めて作られただけあり、天井、壁、家具、どれをとっても息を飲む美しさです。贅をつくしたマリー・アントワネットの生活を垣間見てはいかがでしょうか?

8. モン・サン・ミシェル

幻想的な孤島の修道院

その驚異の自然美と、ロマネスク様式の大聖堂と修道院の佇まいに多くの観光客が惹きつけられています。聖地なだけに、中に足を踏み入れると不思議な空気感が身を包みます。

パリからはかなり離れていますが、一日の中で日没後に一番幻想的な姿を見せてくれるので、できれば一泊するのがおすすめです。

まとめ

観光客がいっぱい訪れる有名な観光地には、スリもたくさんいます。スリ対策は万全にして、観光を楽しんでくださいね。