おでこにできた大人ニキビの原因って!?ケア方法や治し方は!

思春期ニキビのイメージが強い『おでこニキビ』。大人になってもできるのは、なぜ??

思春期のおでこニキビは、不安定なホルモンバランスによるものですが、大人になってからのおでこニキビはストレスや生活習慣、誤ったスキンケアなど外的要因が多いのが特徴です。

人によって原因が違ってくるので、自分が心当たりがある原因を1つ1つ改善していきましょう。

スポンサードリンク

【原因.1】ストレス

ストレスが原因のニキビは生え際やこめかみにできやすい

おでこニキビは昔から“片思いニキビ”と呼ばれているように、悩みすぎたり、考えすぎたりと精神的疲労からできてしまう場合が多いです。

特に我慢していたり、イライラしていたりと情緒に負担が大きい時は、生え際こめかみにニキビができやすくなります。

まずは自分のストレスに気付くことが大切!

ストレスを溜めてしまう人は、自分がストレスを溜めていることに気付かない人も多いようです。まずはストレスチェックをして、自分の心の状態を客観的に見てみましょう。

ストレス度診断チェックテスト–[ストレスケア・コム]

また、人によってストレスの種類は様々で、種類によって解消法も違ってきます。自分に合ったストレス解消法を見つけて下さいね。

あなたはどのタイプ? – 今日の私にぴったりのストレス解消法 | ロートくらぶ

【原因.2】偏った食生活

『皮脂』の原料となる食べ物を食べ過ぎてませんか?

ニキビの元となる『皮脂』。この皮脂が過剰に分泌されなければニキビにはなりません。皮脂の過剰分泌と食生活は大いに関係があります。

ご飯、パン、うどん、お菓子、ケーキ、ジャンクフード…。

忙しいからと言って、このようなものばかりで食事を済ませていませんか?実は、これらの食材には皮脂の原料となる糖質がたくさん含まれています。

糖質の高い食べ物は控え、ビタミンB2とB6を積極的に摂取

糖質の高い食べ物は、ついつい食べたくなる物ばかりですが、綺麗なおでこになるためには、グッとこらえて控えめにしましょう。

また、ビタミンB2とB6は、皮脂の分泌を適度に調節してくれる心強い味方です。積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンB2とB6が多く含まれる食品は?

  • ビタミンB2
  • レバー、うなぎ、納豆、玉子、まいたけ、カマンベールチーズ、海苔

  • ビタミンB6
  • にんにく、レバー、まぐろ、かつお、黒砂糖、ごま、きなこ、海苔

【原因.3】前髪による刺激

前髪の下はニキビにとって好環境

思春期もおでこニキビで悩んでいた人は、大人になっても、ついつい前髪でおでこを隠してしまう人も多いと思います。

しかし、髪には思っている以上に雑菌も多く、シャンプーやリンスのすすぎ残しが刺激になったり、前髪を覆うことによるムレ等、ニキビになる要素がいっぱいあります。まさにニキビにとって居心地のいい環境なのです。

ヘアスタイルを工夫して

一番ベストは前髪をアップするスタイルですが、おでこニキビで悩んでいる人にとって、おでこを全開にするのはそれ自体がストレスになったりします。

おでこを見せるのに抵抗のある人は、前髪を短めにしたり、軽くしたりと通気性のよい前髪に。また、家で過ごす時だけでも、ヘアピンやシュシュで前髪をアップするようにしましょう。

【原因.4】洗顔のしすぎ

ニキビに悩む人がやってしまいがちなのが、洗顔のしすぎです。

清潔にしなきゃと、一日に何回も洗顔料で洗顔をするのは逆効果!かえって洗顔によって奪われた皮脂を補おうと、過剰に皮脂が出てきてしまい、再びニキビができてしまうという悪循環になります。

肌に適度な皮脂があることによって、外からの刺激や乾燥を防いでくれているのです。

洗顔料での洗顔は1日1回で十分!

汚れた皮脂は洗顔料を使わなくても、ぬるま湯(30℃~35℃)ですすぐだけである程度落ちます。なので、朝は思い切って洗顔料を使わずにぬるま湯ですすぐだけにして、夜は洗顔料で丁寧に洗顔するくらいのペースにしましょう。

乾燥は皮脂の過剰分泌を招くので、朝も夜も、洗顔後は保湿をしっかりしましょう。

まとめ

思春期のニキビ対策の延長でケアしていると、かえって悪化してしまう大人のおでこニキビ。正しいケア方法で、ピカピカおでこを目指しましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング