結婚話のきっかけ!長年付き合う彼女に結婚を切り出すには?

仕事も波にのってきたし、家族を養える自信もついた。付き合いたてのころのドキドキはもうないけれど、彼女となら一生を添い遂げたいと思える。そう!彼女と結婚したい。

とはいえ、長年付き合っていまさら結婚を切りだしにくいのもある。もしかして彼女は結婚を望んでいなかったりして……。

長年付き合う彼女に結婚を切りだすにはどうしたらよいのでしょうか。きっかけなどを考えてみましょう。

スポンサードリンク

そもそも彼女は結婚に乗り気なのか?

お互い結婚したいと思ってる。それなら話は早い。プロポーズをして結婚への準備を進めればよいでしょう。

問題は、彼女が結婚に乗り気ではない場合です。男としては、覚悟を決めてのアプローチ。付き合いが長ければ長いほどなんだか気恥かしいし、彼女からむげに断られたりしたらしばらく立ち直れそうにない。

なんてやきもき考えるとっくの昔に彼女は結婚にその気だった、ということは充分ありえる話。彼女からすでに結婚したいサインが出ていないか、ひとまずチェックしてみてください。

女性が結婚したいときに出すサイン!結婚のタイミングはこれ!

結婚を切り出す前に地固めをする

いきなり結婚を切り出しても、「今そんな気分じゃない」と彼女から一蹴されてしまう可能性もなきにしもあらず。切り出す前に地固めをしておくのもよいでしょう。

倦怠期にはいっているなら、まずは新鮮な気持ちをとりもどそう!

男性の方は結婚に乗り気でも、女性は惰性で付き合っているだけだったということもありうる。すでに倦怠期に突入してしまっているのなら、いったん初心をとりもどしてみてはいかがでしょうか。

カップルの倦怠期!乗り越え方ってどうしたら良いの!?

女性にとっても、結婚を切り出されるタイミングと「やっぱりこの人が好き」と思えるタイミングが重なっている方が理想的です。

彼女が抱えている結婚生活への懸念を払しょくする

単に、「今その気分でない」ということではなく、彼女が結婚自体に懸念をもっている場合もあります。

日本生命保険の「結婚」に関するアンケート調査では、「結婚したくない」「あまり結婚したくない」と回答した女性の割合は31.0%。男性の2倍近くに上ったそうです。

「結婚したくない」女性が3割超で男性の2倍近くに! その理由は「1人でいるのが好き」|exciteニュース

もし彼女が結婚したくないと思っているようなら、よく話し合って、払しょくできるようならその方向で動いてみては。

また、結婚自体にではなく、あなたとの結婚に乗り気ではない」ということもあるかもしれません。「結婚はしたいけど、この人で大丈夫かな」という場合。

  • 今の生活レベルをキープできる経済力はある?
  • 付き合っている間はいいけど、結婚したら扱いが変わるんじゃないの?
  • 浮気しない?浪費しない?
  • 女性が働くとしたら寛容でいられる?
  • 家事育児協力してくれる?
  • 義理両親のことでなにかあったら力になってくれる?
  • トラブルが起こっても協力して乗り越えられる?
  • 同居なの?長男なら実家を継ぐの?お墓は?etc.

長年付き合っていると懸念材料もいろいろと見えてきます。彼女とよく話し合った方がよいでしょう。人生設計をまじめに話すのもよいですが、ひとりよがりな人生設計でなく彼女と相談して柔軟に決めていくという姿勢が大事です。

二人のタイミングをとらえる

長く付き合っていれば、二人にとっての節目や転換点もいくつか迎えているはずです。それを結婚を切り出すタイミングとしてとらえるのも。

記念日や彼女の誕生日をきっかけにする

つきあって何年目、出会って何年目ということはお互い、多少は意識しているはず。3年目5年目7年目10年目などの節目をめどに、「そろそろ」という雰囲気作りをしてみてはいかがでしょうか。

ゼクシィ調べによると、出会った日、付き合い始めた日、誕生日などの記念日にプロポーズした(された)人は25.5%なのだそう。

プロポーズ研究室 |プロポーズゼクシィ

お互いの仕事上の転機

就職や転職、転勤など、自分や彼女の仕事上の転機。これも結婚を切りだす理由にしやすい。特に転勤で遠距離になるのを結婚のきっかけにする、という男性も多いのです。

3年をめどにする

恋愛ホルモンと呼ばれるPEA(フェニルエチルアミン)は、恋愛ホルモンと呼ばれています。恋をしたときのドキドキ感や高揚感はこのホルモンのしわざ。

ですが、このPEAは3年たつとほとんど出なくなります。お互いにまだ盛り上がっている3年以内にプロポーズしておくのもひとつのタイミングかもしれませんね。

浮気も防ぐ!彼との関係維持に必要な2つの「恋愛ホルモン」|Woman.excite

彼女が結婚したくなる気持ちのタイミングをとらえる

女性にとっての結婚したくなるとき、というものがあります。

ポジティブな理由にせよ、ネガティブな理由にせよ、彼女が結婚したいと感じる瞬間は、結婚話のきっかけにはなります。ただし、会社を辞めたいとか周りが結婚していくから、というような理由で結婚したがる女性は多少流されやすい傾向にあるかもしれません。

また、女性の年齢にリミットが迫っているのも、結婚したい理由となりうるでしょう。女性は、憧れの結婚年齢や出産のリミットなどの関係から、だいたい20代のうちにとか、35歳までになどと考えているもの。

彼女の結婚したい年齢のリミットを探ってみてはいかがでしょうか。

積極的に仕掛ける

長年付き合っていると、多少なりとも「この人と結婚したらどうなるだろう」などと頭によぎるもの。以下のような行動で彼女に「来たな」と思わせてみては。

結婚の意思はあるか確認する

一番単純なやりかたです。

「そろそろ結婚を考えているのだけど。君はどう思ってる?」

親に紹介する。彼女の親に紹介してもらう

結婚は二人の間でかわす契約でもありますが、社会的な意味もありますよね。また、女性が夫の籍に入るということは、夫の家族に飛び込むことを意味します。

昔ほど結婚に「嫁ぐ」という要素はなくなってきていますが、それでも女性にとって不安はあるもの。女性の方が「周りから祝福されたい」気持ちは強いのです。

自分の親や友人に彼女を紹介したり、彼女の親や友人に自分を紹介してもらったりして、周りを巻き込んで地固めをする。自分の実家でもウエルカムな雰囲気作りをして、彼女に祝福されている感覚を味わってもらってみてはいかがでしょうか。

二人の思い出を語ったり、確認したりする作業に入る

長年付き合っていると思い出もたくさんあることでしょう。共有している思い出がたくさんある、というのも特別な間柄であることの証拠です。彼女と一緒に二人の思い出を振り返ってみては。

  • 二人の思い出の場所に一緒に行く。
  • 出会ったころの思い出話をする。

プロポーズははっきりと!

彼女にも結婚する意志があるとわかった。晴れて結婚に進める!

……プロポーズをお忘れではないですか?女性にとってプロポーズは特別な儀式。お互い結婚に合意しているからといって、プロポーズを省いてはなりません!改めて彼女に結婚を申し込んであげて下さい。

でないと、結婚したあとに文句言われるかもしれません。

「プロポーズしてもらってない!」

ゼクシィによる20~30代の既婚および婚約中の女性へのアンケートでは、プロポーズがなかったと答えた人に「プロポーズをしてほしかった、もしくは、したかったと思いますか?」と質問すると、82%もの人が「思う」と回答したそうです。

ズバリ!“プロポーズ”って必要!?|セキララ☆ゼクシィ

想いを伝える内容としては、意外とベタなものが喜ばれるかも!?
嬉しい告白の言葉はコレ!女が男から言われてグッとくる告白は!

まとめ

長年付き合ってマンネリ気味になっている彼女に結婚を切りだしにくい。長く付き合えば付き合うほどタイミングを逃しがちですよね。

結婚を切り出すタイミングの番外編は「できちゃった婚」です。結婚しない理由は特にないけど、きっかけがつかめないでいるカップルにとってはよいタイミングかもしれませんね。あえておすすめはしませんが!?

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング