外見より中身!ココだけは磨いておきたい女を磨くポイントって?

外見より中身!ココだけは磨いておきたい女を磨くポイントって?

いくらメイクやファッションを頑張っても、大人になればなるほど、中身が伴っていなければ、すぐにメッキがはがれるものです。

では、中身の詰まった奥深い女になるために、おさえておくべきポイントとは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

美しい話し方を心がける

言葉遣いは、その人の育った環境やその人自身を表します。見た目がよくても、言葉遣いが悪ければ、がさつな印象を受けてしまいます。

男性からの人気が高い壇蜜さんは、見た目以外に話し方も非常に魅力的です。言葉を選んで、丁寧に囁くような話し方も、男性から支持されている理由のひとつだと思われます。

そこで、敬語もある程度使い慣れた大人女性は、古来日本から伝わる『大和言葉』を会話の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

柔らかい響きの『大和言葉』で、上品で女性らしい印象に

大和言葉というと、昔使われていた言葉というイメージがありますが、東京五輪の招致の時に一世を風靡した「おもてなし」という言葉も実は大和言葉なんです。

音の響きが柔らかいので、丁寧さや敬意を失うことなく、上品で優しい印象の話し方になります。

日常の会話に大和言葉を取り入れると…

  • 訪問先や食事会などから立ち去る時、「そろそろ失礼します。」の代わりに
  • 「そろそろお暇いたします。」(そろそろおいとまいたします。)

  • 褒められた時、「ありがとうございます。」の代わりに
  • 「恐れ入ります。」「身に余るお言葉でございます。」

  • 上司に書類を急かされた時、「ちょっとお待ちください。」の代わりに
  • 「しばしお待ちください。」

  • 誰かに相談する時や、頼み事をする時は
  • 「折り入ってお願いがあります。」

  • 「感動しました。」の代わりに
  • 「胸に迫るものがありました。」

不思議なことに、大和言葉を話そうとすると、自然と囁くような発声になります。

綺麗な食べ方を意識する

意外と見られている食べ方

社会人になると、仕事関係やデート、冠婚葬祭の時に人と一緒に食事をする機会も多くなります。その時、意外と見られているのが、食事のマナーです。

基本的なお箸の正しい持ち方から、和食や洋食といった料理に合わせたマナーを心得ている女性は、きちんとした女性に見えます。

知ってるようで知らなかったお寿司の食べ方!

リーズナブルな価格で気軽に入れるお寿司屋さんが増えたり、会社の上司に連れて行ってもらったりと何かと食べる機会も多いお寿司。女性らしい上品な食べ方には、ちょっとしたポイントがありました。

  • お寿司は、お皿の上で一旦傾けて、ネタに醤油をつけやすいように持ち直す。
  • 醤油をつけにくい軍艦巻きは、しょうがを使ってネタにポンポンとつける。
  • 一口では食べにくいアナゴなど大きなお寿司は、醤油をつける前にお箸で小さくする。

今まで、この食べ方あってるのかな?と自信なく食べていた人は、食事のマナーを知識として持っておくと、どんな場面でも堂々と相手と食事を楽しむことができます。

お食事マナー・テーブルマナーのやさしい解説

ノートで自分の気持ちや願望に向き合う

自分を大事にする人は、人からも大事にされる

肌や髪のお手入れはこまめにするけれど、自分の気持ちや願望など、内面と向き合うことを大事にしている人は少ないのではないでしょうか?自分の感情を押し殺してばかりいると、合わせ鏡のように人間関係に反映され、人から軽く扱われます。

自分にとって嫌なことを認識して、自分の願望は何なのかをしっかり把握すると、まず自分の態度や心持ちが変わり、やがて人間関係や環境も必ず変わっていきます。

仕事や家事に追われて、自分の気持ちと向き合う時間は中々とれないものですが、カフェでホッと一息ついた時、夜寝る前に、ノートを使って自分の気持ちや願望と向き合ってみませんか?

あの人も密かにやっていた!夢を叶えるノート術

なりたい夢を叶えた人が、密かにやっていたというエピソードも多いポジティブになれるノートの活用法。今を輝くあの人はどんなことを書いていたのでしょうか?

  • 道端ジェシカさん
  • 日々感謝することを左ページに、叶えたい夢がかなった感謝を右ページに書く「感謝ノート」。

  • 西内まりやさん
  • 将来、歌手になった時のことを思い浮かべ、具体的な年まで書いていた「未来日記」。

  • 有村架純さん
  • どの事務所にどんなタレントさんが所属しているかや、オーディションの日程まで書き込んだ「女優になるためノート」

みなさん書き方は自由ですが、共通している部分は、自分の願望が叶った前提で書いていることですね。書き終わったら本当に自分の願望が叶ったみたいで、ポジティブな気持ちになれます。

自分の気持ちや願望を大事にすることは、愛される女性になる第一歩です。

まとめ

内面を磨くと、不思議と外見にもきれいなオーラみたいなものが出てきます。見た目は派手ではないのに、なぜか惹かれて見とれてしまう女性、日々のちょっとした努力を積むことで、そんな女性でありたいですね。