育児って大変!ストレスを溜めないママのストレス解消法は!

夢に描いた子どもとの幸せな暮らし。でも、フタを開ければまるで戦争のような毎日。想像しているのと、実際に育児に取り組むのとはまったく違いストレスだらけ。…甘かった!!

育児って大変ですよね。ストレスを溜めないで楽しく育児をするためにはどうしたらよいのでしょうか。

スポンサードリンク

なぜ育児ストレスがたまるの?

わが子を育てるのは幸せで満ち足りたことに違いない、はずだったのに実際は育児にストレスを溜めている。なぜそんなズレが出てくるのでしょうか。

育児ストレスの原因 ラベル

  • 母親が孤立しがち
  • 母(妻)に家事育児の負担が集中する。
  • 良妻賢母思想に縛られている。
  • 育児が大変な割には達成感がすぐには見えない。

以下育児ストレスの原因別にストレス解消法を考えていきましょう。

孤立しがちな現代のママたち

夫が仕事に出かけたあとは、小さな子どもと密室で一日中二人きり…。誰かと話したくても、大人とまともに話す機会がない。目の前には話の通じない幼いわが子がギャン泣きしている。「なんで泣いてるの?」「ママがいけないの?」泣きたいのはこっちだ…。

なぜママたちは孤立してしまうのでしょうか。

  • 核家族化
  • 都会化
  • 夫の労働条件(長時間勤務)

太古の昔、人間の女性は集団で子育てをしてきました。孤立して子育てをしている現在の状況が不自然なことだとも言えます。

つらい子育ての“見方”が変わる!? 最新科学が教えるヒントNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」|NHK ONLINE

また、昔の農村などでは、女性も労働力としての役割を期待されていました。子育ては隠居した祖父母や年長の子どもなどに任せて働きに出る。また、ハイクラス家庭では、乳母やお手伝いさんが子育てをする。

母親が一日中つきっきり、一対一で子どもの面倒を見るのは最近のことなのです。地方から都心に移り住み、核家族化している家庭の場合、地元の人や親戚の助けを得られるわけではありません。各家庭のタスクは、各家庭でこなさなければならない。

なのに、最後の砦となる夫も長時間労働でなかなか家にいない。そして、孤立無援の子育てが母親の育児ストレスを倍増させるのです。

解消法1:ママ友作り

孤立がストレスを産むのなら、現実的な対策のひとつはママ友作りですね。子育てに悩んでいるのは自分だけではない!そこに気付くだけでもストレスも減少します。

ママ友がいない!孤独を解消するママ友の作り方は!

解消法2:夫と家事育児の協力体制を作る。

育児に非協力的で理解のない夫だと、ママは孤立感を深めてしまいます。

働くママのプライベートでのストレスは、夫に関連したものが上位を占め、子どもに関するストレスは意外と少ない、という調査結果が出ています。

働くマザーのストレス調査報告書|リクルートワークス研究所(PDFファイル)

孤立感の解消に、夫は一番大事な要素といってもいいはずです。しかし、人を動かすのはかなり大変なのも事実。夫の側も協力したくても物理的に時間がとれない、ということもあるでしょう。

また、家事育児の分担に不公平感があるのもストレスのひとつですよね。妻は夫の5倍、家事をしているというデータもあります。

日本は世界一「夫が家事をしない」国|ニューズウィーク日本版

なぜ、日本の働く女性は世界一睡眠時間が短いのか-結婚と家事分担・女の言い分|PRESIDENT WOMAN Online

夫に家事育児の全体像が見えていないがゆえに「自分は結構協力している(から妻が望むほどはやらなくてよい)」という風に考える夫もいます。その認識のズレがまたストレスを生み…。

夫への説得方法としては、家事育児を「見える化」することです。家事のタスクを細分化。妻と夫どちらがどれだけ家事育児をしているか図表にして「俺、結構やっているし」という文句を言わせない!

家事育児を「やっているつもり」の旦那へ見せた執念の分担図|ママスタセレクト

わたし、想像以上に、しんどい。 これで伝わる!妻から夫への『大変さ』の伝え方 by うだひろえ|赤すぐみんなの体験記

【分担表まで作成】細かく徹底的に育児・家事分担をしている家庭を発見! その実態とは?|BRAVA

家事育児にゲーム要素を加えて、勝ち負けを競うようにすると、夫のやる気に火がつくようです。

夫の気持ちを理解するのもスムーズに家事育児を分担するためのコツです。「こちらから言わなくても察してやってよ」は夫には通用しないとともに、「なんでやってくれないの!?」というような詰問調の指図も禁物なのです。

家事育児に動かない夫に「言えば変わる」はNG!甘える夫の教育法|zakzak

ましてや、家事育児のやりかたに文句をつけられたりしたら、ストレスも倍増しかねませんよね。産後クライシスをきっかけに離婚を決意する女性の数はあなどれない。

旦那の小言がうるさい!!夫が嫌いなあなたの対策はこれだ!

対夫ストレスが減る。これだけでも、かなり育児ストレスは解消できるのではないでしょうか。

旦那の子育てにイライラする!旦那の子育てはこう任せよう!
旦那の子育てにストレス!イライラを落ち着ける方法はこれ!

解消法3:国や自治体の子育て支援サービスを利用

「保育園落ちた日本死ね」なんてネットへの書き込みがあったくらいですから、国への子育て支援は望めない、と考えている人もいるかもしれません。ですが、自治体で子育て支援をまったくしていないというわけではありません。

子ども・子育て支援|厚生労働省

子育て支援センターは、子育て支援の拠点施設です。育児相談や子育てサークルの実施など、幅広く子育て支援活動をしています。実施主体は市町村。お住まいの土地の自治体のHPや広報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

子育て支援活動の例

  • 育児相談
  • 母親学級
  • 親子サロン
  • 子育てサークル

自治体のびっくり子育て支援策<2>|AllAbout

各地のひろば・会員ネットワーク|NPO法人子育てひろば全国連絡協議会

国の子育て支援の一環として、シルバー人材センターの活用も。自治体を通じて子育て支援をしています。地元で活動しているシルバー人材センターがどんな子育て支援活動をしているかチェックしてみましょう。

公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会

ファミリー・サポート・センターは、子育て中の乳幼児や児童を持つ労働者や主婦らと援助を希望する人との預り援助のマッチングを行っています。

ファミリー・サポート・センター

解消法4:育児中に資格取得などたのめの勉強をする。

バリバリ働いていたママが育児に専念する場合、社会から取り残された感じがして孤立感をつのらせるなんてことも。子どもと一緒に過ごすだけで一日が終わると、「自分は一日、一体なにをしていたんだ」と思えて悲しくなってくることもあるかもしれません。

育児中に仕事に役立つことや、キャリアアップのために新しい資格取得の勉強をしてみるのはいかがでしょうか。

再就職に備えてスキルアップ!ママの教育訓練給付制度|AllAbout

ママが取りたい資格は?|第547回|ハッピー・ノート.com

さらに上を目指そう!サラリーマンにおすすめの資格10選|ケイコとマナブ.net

子育てしながら目指せる資格|ユーキャン

育児が落ち着いたら、派遣社員として働こうとしている人もいるかもしれません。派遣会社には研修制度や e ラーニングを利用できるところもあります。うまく活用しましょう。

母(妻)に家事育児の負担が集中している。

まだまだ、夫が外に出て働き、妻が家で家事育児をするという思想は根強く残っているもの。「妻が家事育児をする」という考え方の夫だと育児は妻まかせに。ですが、妻が専業主婦の状態で家計をまわせる家庭は減少しています。

妻の稼ぎも家計のあてにしているうえに、家事育児は妻の仕事、となると母親(妻)に負担が集中する状態に。

さらに、さきほど述べたように、核家族化で母子は孤立しがち。地元や親戚などのバックアップを得られない状態で母親が仕事をしながら家事育児をひとりでこなすんなんてことは、もはや無理です。

解消法5:家事の省力化

まずは、家事の省力化を考えましょう。便利な家電を導入も検討してみてはいかがでしょうか。

vol.3 働くママの新・三種の神器とは?|AllAbout

パパとの“家事分担ストレス”激減! 家事がグンと楽になる、おすすめ家電ベスト5|ハピママ

時短生活|AllAbout

また、家事代行サービスを利用するのも。

家事代行サービスの費用対効果 利用者の評価は|NIKKEI STYLE

家事代行を上手に使えば人生が変わる!?|AllAbout

家事代行&シッター 読者6割が活用、選ぶ基準は? – 日経DUAL

解消法6:ひとり時間を作る。

独身の頃は自由に自分の時間を満喫していた。結婚してからも子どもができるまでは比較的自分の時間を確保していた。でも子どもが生まれてから、自分のためになにかをする時間など皆無。いつだったかすら思い出せない…。

たかがネイルを塗る、自分のペースで好きな物を食べる。子どもに邪魔されずにそれらができればどんなに幸せか。一方、夫の方はというと、子どもが生まれたころより多少は自分の時間が減ったかもしれないが、あいかわらずマイペースで過ごしている…。

育児ストレス解消のために、「ひとり時間を作る」それだけでも、かなり気分が楽になるはず。夫といると、なんだかんだと気がついてしまい妻が子どもの面倒みることになる。いったん、子どもを夫に預けるなりしてひとり時間を作ってみましょう。

  • 子どもが寝た後のひとり時間を充実させる。
  • 子どもと同じタイミングで寝て、早起きしてひとり時間を作る。
  • 強制的にひとり時間を作る→夫や母親など、ベビーシッター、保育園臨時預かり、自治体のサポートなどを利用

ただ、子どもを置いて一人で出かけることに、罪悪感があるかもしれません。ひとり時間を邪魔するのは意外と自分自身だったりします。

でも、一日中子どもと一緒に過ごしてストレスMAXになり子どもにつらくあたるくらいなら、ひとり時間を作ることの方が精神衛生上よいはず。罪悪感については、次に説明する良妻賢母という問題をはらんでいるかもしれません。

良妻賢母思想に縛られている。

子育てが育児書や雑誌のとおりにいかない。他のおうちの子ができることがうちの子はできない。ちゃんといい子に育てないといけないのに、理想通りの子育てができないことがストレス…。また、実母や義母らから子どもの発育や教育について物言いが入る。

「子どもが小さいうちは母親が働きにでるのかわいそう」
「スーパーのお惣菜なんてかわいそう。子どもにはもっと栄養のとれる手作りのものを食べさせてあげたら」

悪気のない発言に、真綿で首をしめられるように追いつめられる。でも、家事育児の負担が集中し、しかも孤立した状態で育児している母親は、なにかと不利な状況にあるわけで。良妻賢母まで求められると破たんしそうですよね。

良妻賢母とは、あたりまえなもの、普遍的なものではなく、教育理念のひとつにすぎません。女子教育に取り組み出した明治のころに始まった理想。現代の孤立したママに求めるには、あまりにも過酷な理想なのです。

まずは「良妻賢母」好きを、やめてみる。 -「女性活用」と「少子化対策」、どうしたらいいの?|ニッセイ基礎研究所

良妻賢母が好きな国はなぜ出生率が低いか|PRESIDENT WOMAN Online

解消法7:完璧主義を手放す。

「いい母であらねばならない」という考えで完璧を目指すと、自分で自分を追い詰めることになりかねません。完璧主義を手放しませんか。

  • 家事育児を完璧にする、という考えを手放す。
  • 家事育児を適度に手抜きする。
  • 人に頼る(夫、実母、友だちなどなど)。
  • 家事代行を使うetc.

周りの人に「助けて」と言えるのもその人の実力のうち。実母、祖母、義理母、さきにママになった友人、親戚…。頼りになりそうな人はいないか周りを見渡してみて下さい。

部屋が汚くても死にはしないし、子どもが食べ物の好き嫌いをしても即死するわけではありません。家事育児に適度な息抜きも必要です。

完璧主義ママほど育児ストレスを抱えやすい理由|AllAbout

完璧主義を脱皮した人ほど、オトナになれる|AllAbout

大変な割には成功体験を得にくい。

仕事で成功!結果も見えるし、達成感もある。周りも褒めてくれる。でも育児はやってあたりまえ。365日24時間、気を抜かずに頑張っていても誰も褒めてくれない。

子育てに充実を感じる人もいることでしょう。でも、子どもは劇的に成長するわけではありません。結果も見えにくいし、達成感も持ちにくい。ここらへんも育児ストレスの一因となりえます。

解消法8:子どもの成長記録をつける。

幼稚園や保育園の運動会や発表会。子どもの成長を目の当たりにして大感動。日頃のストレスがふっとびますよね。

とはいえ、いつも節目があるわけではありません。子どものそばにいると成長が小さすぎて実感がわかないもの。育児日記などで、記録をつけておくと、過去の記録を見たときに子どもの成長を実感できれば、日頃の苦労も報われますよね。

0歳の娘を毎日記録|ほぼ日手帳

デイリー・プランナー”エディット”の使い方|MARK’S Inc.

育児・子育ての記録 おすすめアプリランキング| iPhone/iPadアプリ| Appliv

育児・子育ての記録 おすすめアプリランキング|Androidアプリ | Appliv

解消法9:誰かに褒めてもらう。

今ドキ子育て論は、「子どもを褒めてあげましょう」という論調が主流。でも、褒められることが必要なのは母親の方なのかもしれませんね。ともかく、なんの力にもならないかもしれませんが私があなたを褒めましょう。

「毎日頑張ってるね!」
「すごいね!」
「日本の役に立っている仕事だね!??」

ちなみに、子どもを褒める行為も、自然に子どもがママを褒めてくれるようになるというおまけがあります。

「ママいつもありがとう」
「ママのお料理おいしいね」

なにものにも代えがたい言葉です。

誰も褒めてくれないなら、自分で自分を褒めましょうか…。

まとめ

子どもは実際かわいいし、やりがいを感じることがあるのも確かなこと。でも、ストレスは避けられなくて…。

ストレスをため込んだママが追い詰められ心身のバランスを崩してしまうと、一番割を食うのは子どもです。自分のためにも子どものためにも、原因にアプローチしてストレスを解消していきましょう。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング