どのくらい安いの?電力自由化のメリットとデメリットって?

2016年4月から始まる「電力自由化」。

その言葉はよく聞きますが、具体的な内容や、メリット・デメリットがいまいちわからない人も多いと思います。

地域によっては、新たに参入した企業がいっぱいあり過ぎて、どれを選んでいいのか迷ってしまうことも…。

そこで電力自由化について、またメリット、デメリットをわかりやすくご説明します。

スポンサードリンク

そもそも電力自由化とは??

自分で電力会社を選べる!

今までは家庭の電気は、自分が住んでいる地域の決められた電力会社からしか買うことができませんでした。

しかし2016年4月から、既存の電力会社以外の、あらゆる分野の企業が電気を売ることができるようになります。そうなると、自分で自由に電力会社を選ぶことができるようになります。

選べる電力会社の数は地域によって様々

新たな企業が参入するのは、現在のところ既存の電力会社の料金プランが高い関東や中部、関西に集中しています。一方、既存の電力会社の料金プランが安かったり、地域の諸事情によって、参入する企業自体がなかったり、選べる会社の数が少ない地域もあります。

自分の住んでいる地域に、どんな企業が参入しているかは以下リンクから確認できます。

電力自由化で選べる電力会社からプランを探す

電力自由化のメリットとデメリットは?

メリットは?

多様な料金プラン、サービスの中から、自分のライフスタイルにマッチしたプランを選択できるようになる!

既存の電力会社も新たな料金プランを提案したり、他分野の企業は、携帯電話やガスなど他の商品とのセット割引などを打ち出しています。なので、自分のライフスタイルにマッチしたお得感のあるプランを選ぶことができます。

新たな料金プランやサービス

この他にも、各企業の持ち味を生かした料金プランやサービスがあります。

デメリットは?

逆に電気料金が高くなる可能性もあります。

今まで独占状態だった電力事業に、他社を参入させ競争によって安くなることが期待されている「電力自由化」ですが、すでに電力自由化に踏み切っている国々では、電気料金は値上がり傾向にあります。

各国の電気料金値上がりの理由に、天然ガス等の燃料費の高騰や、再生可能エネルギーの買取費用の増大があります。このような問題は、日本でもありうる問題です。

元々電力事業というのは、薄利多売な事業。そこにあらゆる企業が参入すると、時間がたてば価格を上げざるを得ない状況も出てくる恐れがあります。

いくら安くなるの?

では実際どのくらい安くなるのでしょうか?

二人暮らし世帯で年間5%くらい安く

地域差や電気の使用量にもよりますが、二人暮らし世帯で大体年間5%安くすることができそうです。関東地方の4人世帯では、10%以上安くなることも!

こちらが世帯別の「標準的な使用量」(※総務省統計などを引用)でシュミレーションをした比較サイトです。

電力会社の料金プラン比較表

一人暮らしやオール電化住宅は高くなる場合も!

今回各社から打ち出された料金プランは、使用量が多いほど割引率が高くなるものばかりです。なので、月々の電気料金が4000円以内におさまっている人は、他社に乗り換えると逆に高くなるケースもあります。

また、オール電化住宅の料金プランは、元々の電力会社のプランがかなり安いので、他社のプランでは料金が同じか、高くなります。

こちらのサイトでは、自分のライフスタイルに合わせたシュミレーションをして、比較できます。1分くらいでできるので、選ぶ時の参考にして下さい。

エネチェンジ電力比較
価格.com 電気料金プランシミュレーション

まとめ

広告ではお得感を謳っていますが、不安要素も少し感じてしまう「電力自由化」。料金プランや契約会社を変更する時は、ぜひ慎重に。

しかし、自分の電気の使い方やライフスタイルを見直すいい機会かもしれません。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング