一人暮らしの洗濯!臭くならない部屋干し方法やコツを教えて!

「なんか雑巾みたいな匂いがする!」

周りの人にまで察知されてしまうあの不快な臭い。

そう、洗濯物の独特な部屋干しの臭いは気になりますよね。

でも、一人暮らしをしていれば、朝、洗濯ができなかったり、雨の日が続けば、洗濯物が部屋干しになってしまうことが多いと思います。

そこで、部屋干しの不快な臭い問題を解決する、洗濯のコツや室内での干し方をご紹介します。

スポンサードリンク

部屋干しの洗濯物の臭いの原因とは?

洗濯機で洗濯したからといって、汗や皮脂の汚れ、つまり雑菌が、すべてなくなるわけではありません。

室内で干すと、半乾きの状態が長時間続きます。その生乾き時間が長ければ長い程、洗濯物に残った雑菌が、どんどん増殖して臭くなるのです。

また、日光(紫外線)による殺菌が、できないことも原因の一つです。

よって、臭いを防ぐポイントは
臭いの原因となる雑菌を、できる限り減らすことと、なるべく早く乾かすことです。

菌を増殖させない洗濯時のコツは?

洗濯する時に、ちょっと気を付けるだけで、菌の増殖を防ぐことができます。

洗濯時のコツ

  • 洗濯物はためない。
  • 一人暮らしだと、一日に出る洗濯物の量が少なくて、たまってから洗濯しがちですが、時間がたつごとにどんどん雑菌が増殖して、汚れも落ちにくくなります。一日一回のペースで洗濯しましょう。

  • 部屋干し用洗剤を使い、適量を守る。
  • 洗剤は少なすぎても、逆に多すぎても臭いの元となります。

  • すすぎにお風呂の残り湯は使わない。
  • せっかく綺麗に洗っても、お風呂の残り湯の中にある雑菌が、洗濯物に付着してしまいます。

臭くならない部屋干し方法は?

1. 洗ったらすぐに干す

洗濯機の中で、濡れたまま放置しておくと、雑菌がどんどん増えて臭いの原因になります。洗濯が終わったらすぐに干しましょう。

2. 風通しの良い干し方で

干す時は、洗濯物自体の風通しを意識して下さい。

ハンガーは太めがおすすめです。ハンガー同士は、こぶし大くらいの間隔を開けて干しましょう。ボトムスは内側にも風が通るように、筒形に干しましょう。

3. 除湿を徹底する

干した後は、除湿対策をしましょう。

  • 新聞紙で除湿
  • 一番手軽なのは、新聞紙をくしゃくしゃ丸めて洗濯物の下に置くことです。新聞紙が洗濯物の湿気を吸収して、部屋の湿度を下げてくれます。

  • 除湿器、エアコンのランドリーモードで除湿
  • 部屋を閉め切って、除湿器をかけたり、エアコンのランドリーモードや除湿モードにすると数時間で乾きます。部屋干しして、外出する時におすすめです。

  • 扇風機でも効果アリ
  • 扇風機で洗濯物に風を送り、空気の流れを作るのも効果的です。

プラズマクラスターやナノイーが付いてる除湿機や扇風機、エアコンを使うと、段違いに臭いが取れるそうです。

実は、お風呂場が一番の部屋干しスポット

意外ですが、部屋干しで一番最適な場所はお風呂場なんです。

お風呂場は湿気が多そうなイメージですが、狭い空間で、換気扇がついているので、洗濯物を早く乾かすことができます。

洗濯物を干す30分前から換気扇を回しておけば、浴室全体の湿度が下がります。さらに床にグシャっと丸めた新聞紙を敷いたり、扇風機や除湿器を一緒に使うと、さらに乾きが早くなります。

アルコールスプレーをかけるのも有効

除湿対策以外では、除菌用アルコールスプレーを洗濯物に吹きかけるのも有効です。

除菌用アルコールスプレーは、臭いの元である雑菌自体を殺菌してくれるからです。

スプレーするタイミングは、洗濯直後のまだ衣類が濡れたままの状態の時がベストです。

そして嬉しいことに、すでに臭くなってしまった洗濯物にも、スプレーをシュッと吹きかけると、臭いがなくなります。

まとめ

少しの工夫で、部屋干しの臭いは驚くほど軽減されます。ぜひ試して下さいね。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング