1年間中国へ留学したい!持ち物とか何があれば良い?【後編】

それでは引き続き「長期間中国へ留学」を考えている方のために、少しでもお役に立つような情報を提供していきたいと思っています。前編の記事では「中国留学への心構え」について主に書いていきました。

留学前の心構えがしっかりと出来たら、今度は「留学先へ持っていくもの」を考えなければいけません。

後編では「日本から持っていくもの」「現地で買い足せばいいもの」を分けてご紹介しています。これらを参考に、少しでも荷物を減らし、快適な旅が楽しめれば良いですね!

スポンサードリンク

1. 日本から持っていくもの。

img2

海外へ行くときは、空港で必ず荷物の重量チェックがなされます。私の場合は、日本から持って行ける荷物は20キロまででした。20キロ…意外とすぐオーバーしちゃうんですよね。荷物が重いと移動も大変です。

だからこそ、少しでも荷物を軽くして出発しなければいけません。なので、ここは賢く「日本から持っていくべきもの」と「現地で買い足してもいいもの」を選択する必要があると言えます。

日本から持っていくべきものリスト

  • 使い慣れた勉強道具
  • パスポート
  • お金
  • しょうゆ
  • 変圧器とドライヤー
  • 常備薬
  • 愛着のあるブランケット

え!?少ない!!なんて思った方がほとんどだと思います。でも、これだけで実は十分なんですよ。それでは具体的に検証していきたいと思います。

その1

使い慣れた勉強道具

これを持って行かなくては話になりません。留学は勉強がメインです。なので、自分の使い慣れた辞書や参考書を持っていくことは必須です。こればっかりは向こうで買い足すわけには行きません。なぜなら、辞書や参考書はすべて中国語なので…。

中国語にある程度慣れてきたら、現地で辞書を一冊買いましょう。中国の辞書は基本「わら半紙」なので、基本的にとても「軽量で持ち歩く際に便利」なんです。中国語を中国語で調べるという勉強法は、語学力発展の上では欠かせません!

その2

パスポート

これは当たり前ですね。パスポートは絶対に失くさないよう、細心の注意を払ってくださいね。

その3

お金

これも当たり前ですが…中国は物価が安いので5万円から10万円くらいで大丈夫だと思います。一気に換金してしまうと使いすぎてしまう可能性があるので、換金はこまめに行う方がいいと思います。

どうしてもお金が足りなくなった場合は、日本から書留で送ってもらいましょう。そうならないように注意したいところなんですが…。もちろん、学生でなければクレジットカードを持っていくのもアリだと思います。

その4

変圧器とドライヤー

ドライヤーは女性の必需品ですよね。海外では電圧が違うので、日本の電化製品は使えません。携帯の充電にしてもそうです。なので、海外へ行くときは必ず電気屋さんに行って「変圧器」を購入するようにしましょう!

海外の電圧については、電気屋さんが詳しいと思うので相談してから買いましょうね。

その5

しょうゆ

海外に長期滞在することになると、必ず「日本食」が恋しくなります。私が留学していた地域にはしょうゆがありませんでした。見た目は「全くしょうゆじゃん!」みたいな調味料はありましたが…。今思えば、それは黒酢でした笑

その6

常備薬

頭痛薬に胃薬、虫刺され用の塗布薬…これらは絶対に忘れてはいけません!

中国では異常なほど虫に刺されますからね。また、日本にいたときと食事の内容ががらりと変わります。なので胃を壊す可能性も出てくるでしょう。

私はまさにそのパターンで…。半年で5キロ痩せてしまいました。ラッキーと言えばそうなんですが…。もちろん、胃薬は手放せない状態でしたよ。

もしも、医師から処方されている薬を持っていきたい場合は、事前に医師に診断書を書いてもらうことをお勧めします。診断書は英語で書かれていますので、万が一現地で病院にかかったとしても安心です。

その7

愛着のあるブランケット

これは「私の場合は」になってしまうのですが…。留学してから一ヶ月も過ぎると、大きなホームシックの波に襲われます。そんなときは「日本で愛用していたもの」に慰めてもらうしかありません。

私の場合は、お気に入りのブランケットがそうでした。自分の臭いがたっぷりと染み込んだブランケットは絶対に手放せません!それを抱えながら、真夜中一人で泣いていましたよ~。

[adsense]

2. 現地で買い足すものリスト

img3

次に、現地で買い足した方が絶対いい!と私が思った品々をご紹介します。物価の高い日本からわざわざ持っていく必要のないものばかりです。ぜひ参考にしてみて下さいね。

  • 日用品
  • シャンプーや歯ブラシ、コップにタオルなど、日用品や生活雑貨は全て現地で買いそろえるのがベストです。とにかく物価が安いので、現地に着いたら速攻スーパーへ行きましょう。荷物の重量制限対策にもなりますしね。

  • 洋服
  • 現地の気候は、実際体験してみるまで分かりません。なので、洋服は臨機応変に現地で買い足すのがベストです。

    日本から持っていく洋服は「行くまでに着ているもの」+「パジャマ1セット」で十分です。下着や洋服は現地がとにかく安いです!日本でよく知られているようなブランドでも安く購入できます。

今思い当たったのはこれくらいでしょうか…。これさえあれば、何とか一年は生活出来ちゃいますよね。コンタクトレンズを使用している方は、メガネで我慢するのが無難かも知れません。私は我慢しましたよ!

私の場合は、到着してすぐにスーパーへ買い出しに行きました。一気に五千円くらい使ってしまいましたが、それ以降は全くお金を使うことはありませんでした。ただ、一気に買い物すると重いのでタクシーが必要になります。

まとめ

以上「中国へ長期間留学するために準備しておきたいこと」をまとめてご紹介いたしました。これから留学を考えている方のお役に立てれば幸いです。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング