1年間中国へ留学したい!持ち物とか何があれば良い?【前編】

私は中国の大学へ半年間短期留学していた経験があります。今回は前編と後編の2部構成で、半年から一年間中国へ留学したいと考えている方のために、留学に絶対必要な心構えや持ち物についてをご紹介していきたいと思います。

まず前編では、中国へ留学前に準備しておきたい「心構え」についてご紹介したいと思います。後編では、具体的な持ち物について触れていきますね。これらを参考に、ぜひ中国留学をより有意義なものにして頂けたら幸いです!

スポンサードリンク

1. 留学前の準備は??

img2

全ての外国に共通して言えることですが、留学前は入念すぎるほどの準備が必要になります。もしも、入念な準備を怠ってしまうと…現地でとんでもないトラブルに巻き込まれる可能性があるので絶対に注意したいところです。

準備その1

パスポートは前もって!!

海外へ行くなら、これはもはや当たり前のことなのですが…意外に忘れちゃう人いるんですよね。忘れるまではいかなくても「パスポートが間に合わなかった!!」なんてお話はよく耳にします。また、留学ともなれば「特別なビザ」が必要だったりします。

なので、留学前は焦ってパスポートを取るのではなく、余裕を持って取りに行くようにしましょう。

最低でも一ヶ月前には手元に置いておくようにしましょうね。必要な書類もギリギリになって確認する…なんてことのないように!!

また、私の場合は、母親もパスポートを取得しました。それは、私が現地で何かあったらすぐに駆けつけられるようにするためです。

一ヶ月くらいの滞在ならそこまでする必要はありませんが、半年以上の長期滞在を予定しているのならば、それはとても重要なことです。

準備その2

治安を確認しておくこと!!

中国に限らず、海外へ行くときは必ず「行く地域の治安」を確認しておきましょう。これを怠ってしまうと、現地でとんでもないトラブルに巻き込まれます。自分の身を守るために、これはとても大切なことなのです。

まず、その地域の人しか知らないような「立ち入り禁止地区」を確認しておきましょう。これは、ほとんどの海外に存在します。日本ではあまり耳にしませんが、それは「日本が治安が良すぎる」だけです。悪しからず!

ほとんどの海外には「ここから先へ行くと危険!」といった地区があるのです。そういった地区は無法地帯です。殺人など、大きな犯罪に巻き込まれても不思議じゃない地区なのです。「知らなかった」じゃ済まされないんですね。

こういった「立ち入り禁止地区」はインターネットで調べることが出来ます。それだけでは不十分な可能性がありますので、経験者や留学を斡旋してくれている企業に確認してみましょう。

私の留学先は比較的治安がいい地域だったのですが、それでも夜の8時以降は一人で出歩かないようにしていました。それくらい警戒したほうがいいと言うことです。それを守っていたので、無事日本に帰ってくることが出来ましたよ!

[adsense]

2. 留学前に絶対にしておきたいことは!

img3

今度は、留学前にこれだけは絶対にしておかなければいけない!ことをご紹介します。

その1

歯の治療だけは忘れずに!

これも当たり前!と言われてしまいそうですが…。自分自身の体調管理は自分しか出来ません。留学を決意した瞬間からそれは始まります。まずは、病院へ行って健康診断を受けましょう

また、忘れてしまいがちなのが「歯の治療」です。半年以上も海外へ行くのです。もしも虫歯があったとしたら、現地で治療しなければならない!なんて事態に陥ってしまう可能性もあります。

現地で歯の治療なんて、論外だと思ってください。とくに中国では、まだまだ衛生的な問題も深刻です。また、完全なる意思疎通が出来ない海外での治療はとても困難です。留学前は、少なくとも一か月前には歯の治療を済ませておくように心掛けて下さいね。

その2

十分な語学力を身に着けてから!

どうせ留学するのなら、あっちで勉強すればいいや…なんて思っている方、これはかなり「甘い」ですよ!!留学前には、最低でも日常会話くらいは話せるようになっておくのが理想です。日常会話…とまでは行かなくても、その国の6歳児くらいの語学力は必要です。

もちろん、言葉など話せなくたって何とかなるっちゃなります。海外旅行がいい例ですよね。ジェスチャーとある程度の英語で何とかなっちゃいます。

しかし!

目的が留学なら話は別!これは効率の問題です。

考えてみれば当たり前と言えば当たり前のことなんですが、何も知らないで留学してしまったら語学力は絶対に伸びません!!きちんと勉強をしていった人だけが、本物の語学を身に着けることが出来るんですね。

例えば、本物の発音を聞いて「なるほど、こうだったのか!」なんて再確認できるといった感じです。一方、何も分からないで留学した人は「自分の何が間違っていたのか分からない」状態に陥るわけです。

だから「何となく」でしか理解しないまま、ただただ時間を無駄にしてしまうのです。

まとめ

以上「留学前にこれだけは済ませておきたいこと」をご紹介いたしました。前編では主に「心構え」についてご紹介いたしましたが、後編ではいよいよ、具体的な持ち物についてご紹介したいと思っております。

> 1年間中国へ留学したい!持ち物とか何があれば良い?【後編】

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング