中国への短期留学の費用ってどれぐらい?奨学金は使える?

私は大学生のときに、中国へ半年間短期留学していた経験があります。目的はもちろん、中国語を学ぶためです。本格的にその国の言語を学びたいのであれば「語学留学」の道は避けては通れないと思っています。

もちろん「独学」「駅前留学」なんて方法もありますが「言語は生き物」です!その時々で常に変化し、進化し続けるわけです。

ちなみに私の本職は翻訳家であり、得意言語は英語とドイツ語。その他に中国語があります。英語圏への留学は、イギリスの大学へ1ヶ月間のみです。ただ一ヶ月だけでも、十分な成果があったと自負しています。

ドイツ語に関して言えば、社会人になってから学び始めました。それから会社の研修などで度々ドイツへ訪れるようになりました。意識を集中しさえすれば、それだけでも翻訳活動ができるぐらいの語学力は身に付きますよ。

今回は「翻訳や通訳で生計を立てていきたい!」また「語学留学をして本格的にその国の言葉を学びたい!」今現在そんな風に考えている方のために、少しでも有益な情報を…と思って書いています。

ここでは主に「中国留学」をメインに絞り、留学する方法や金銭面での問題について具体的に触れていきたいと思います!

スポンサードリンク

1. てっとり早く留学する方法って何?

img2

私が中国へ留学したのは、今から15年近く前のことです。なので、今の事情とは若干異なるかもしれません。また私の場合は、通っていた日本の大学との提携大学への留学でした。だから、ある程度気軽に留学できたとも言えます。

留学するなら大学選びから?

中国に限らず、海外へ留学したいのであれば、まずは「大学選びから見直すことが最善の道」なのかもしれません。現に私も「留学したい!」という一心で大学選びをしました。その大学へ行けば、必ず中国へ留学できると約束されていましたからね。

でも、もう少し慎重に考えてみて下さい!!というアドバイスをしたいと思います。というのも、私は大学一年生のとき中国語をメインに一生懸命勉強していたのですが…こともあろうか「私が学びたいのは中国語じゃない!」と感じてしまったのです…。

だからと言って、今更「科を変更すること」は出来ません。なので4年間、中国語のカリキュラムがびっちりと組まれていた私の学科。と~っても後悔してしまいました。そんなこともあって「留学目的で大学を選ぶこと」を強くお勧めすることは出来ないのです。

大学の長期休みを利用する!

一方、イギリスへ留学したのも大学時代です。

それは夏休みを利用して短期留学するという方法。たまたま私の大学では、イギリスの某有名大学への短期留学生を募集していました。これに乗らない手はない!そう思いイギリス留学を決意したのです。

そこでヨーロッパに強い関心を持ち、現在に至るというわけです。

このように、大学へ進学してから「長期休暇を利用して短期留学する」のも一つの手です。それなら、たいていの大学が実践していると思いますよ。

私の友人は医学部へ進学したのですが、その大学でもやはり長期休暇を利用した留学制度を設けていました。それも私と同じイギリスの大学です。また語学系の大学へ進学すれば、ほぼ確実にこういった制度が設けられています。

2. 中国留学…その費用ってどれぐらい?

img3

では、中国への留学費用っていうのは一体どれぐらいなんでしょうか?

私が中国へ留学した際の費用は70万円前後!決して安い金額ではありませんが、半年間もあちらの大学で学べると考えれば、損をするような金額では決してありません。

もちろん、滞在費込みの金額です!朝と夜のまかない付きなので、食費はほとんどかかりません。

ちなみに、私が中国で使ったお小遣いはというと…なんと半年で1万円程度!

もちろん、昼食代込みです。休日の移動費や生活用品も含めて!!です。そう考えると中国への留学費用は基本とても安い!と言えるでしょう。

一方、イギリスへ留学した際の費用は…一ヶ月で60万円!生活費やお小遣いを含めると65万円くらいでしょうか…。これはかなり高額かも知れません。ヨーロッパは物価や税金が高いので仕方ないんですよね。

これらを考慮しても、贅沢さえしなければ中国留学はとても経済的です。その分、日本にいる間はしっかりバイトしなければいけませんけどね…。「学資ローンを利用する」という手もあります。

[adsense]

3. 留学したい!…奨学金って出るの!?

img4

今度は、奨学金について触れてみたいと思います。

ただ、私の場合あんまり奨学金に詳しくないので深く言及することは出来ませんが、ちゃんとあります!!但し、厳しい審査や試験があることも事実です。

奨学金を使った留学を考えている方は、普通の人以上に勉強しなければいけません。とにかく勉強して、既定の試験に合格しなければ奨学金制度は使えません!

4. 学生じゃないけど留学したい!どうすれば良い?

img5

留学を考えているのは学生ばかりではない!と思います。

学生じゃないと留学できないの?

なんてここまで読めば思ってしまいそうなんですが、ちゃんと出来ます!そこは安心してくださいね。現に私の友人は27歳で台湾へ留学しました。特に向こうの大学へ留学したい…ということでなければいくつになっても留学は可能です。

そうした場合、主には語学学校への留学になるかと思います。

ワーキングホリデーを利用せよ!

ビザの関係上、あまり長期間の留学は望めません。ただ、長期間お金をかけずに留学したいと考えている方にお勧めなのが「ワーキングホリデー」です!ワーキングホリデーは各国で実施されている制度ですね。

これはその名の通り「働きながら海外に滞在する」といった方法です。これなら費用は少なく済みます。但し、これには年齢制限があるんですよね。ちなみに、年齢制限は30歳までです。30歳未満の方は、まずワーキングホリデーを検討してみることをお勧めします。

実際ワーキングホリデーにかかる費用は「その人の働き次第」ということになりますが、貯蓄がゼロの方は出発する資格を得ることが出来ませんので注意してください!

地域にもよりますが、私がドイツへワーキングホリデーで行きたいと思って調べた時は、貯金130万円~という条件つきでした。一方、私の友人がフランスへワーキングホリデーで行ったときの所持金は、20万円程度だったそうです。

詳しい金額については、事前にしっかり調べる必要がありそうです。

まとめ

以上、私の経験をもとに「留学方法や留学費用」についてをご紹介して参りました。

学生の方は、将来のことを視野に入れて、今からコツコツとお金を溜めておく必要があると言えるでしょう。また社会人の方は、30歳までに100万円以上の貯金をしてワーキングホリデーへ出発することをおすすめします!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング