ママ友がいない!孤独を解消するママ友の作り方は!

周りのママたちはママ友と楽しくやっているのに、自分だけママ友ができない…。とりのこされたようで寂しくなってしまいますよね。ましてや、初めての子育ては不安や疑問だらけ。気持ちを誰かとわかちあいたくなるもの。

とはいえ、なぜママ友がいないとこんなに孤独を感じるのでしょうか。ママ友作りの方法とともに考えてみましょう!

スポンサードリンク

そもそもなぜママ友がほしいの?

ママ友がほしい理由を整理しておくと、ママ友作りの手がかりとなります。まずは、ママ友がいることのメリットを挙げましょう。

ママ友のメリット

  • 協力して子育てができる。
  • 同世代の子ども同士で遊ばせる機会を与えられる。
  • 子育てに関する情報収集・共有ができる。

協力して子育てをする。

昔から女性たちは、集団で子育てをしてきました。ですが、ずっと地元在住だったり、近所付き合いがさかんな地域で暮らしているのでもない限り、現代の母親は孤立しながら子育てをしています。

仲間と協力して子どもを育てたいと感じるのは、生物的な欲求です。孤立したママたちが、仲間としてママ友を求めるのは、自然なことなのです。

つらい子育ての“見方”が変わる!? 最新科学が教えるヒントNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」|NHK ONLINE

昔は、実の母や義理の母、祖母、近所の既婚女性たちと協力できました。あえて「ママ友作り」に努力をさかなくてもよかったのですよね。

同世代の子ども同士で遊ばせて社会性をはぐくむ。

いきなり、幼稚園や保育園などの集団生活にほおりこまれて子どもが混乱する前に、ママ友をとおして子どもの集団で遊ばせてみることができるのもママ友のメリットですよね。

自分の子と他の子の様子の違いから、発達障害などに早く気付けるかも。比べすぎ、気にしすぎもいけませんが。

子育てに関する情報収集・共有

ママ同士で共有される口コミを、知ってるのと知らないのとでは子育てのしやすさはかなり変わってきます。

口コミ例

  • 例年の学校行事
  • 担任の先生の評判
  • 子どもの習い事
  • 子どもの習い事
  • 安心して診てもらえる小児科医
  • インフルエンザ予防接種を安く受けられる病院
  • 不審者情報
  • 治安etc.

ママ友で孤独を癒せる?

『ママ友』がほしいの?それとも、『友達』がほしいの?」

孤独だからママ友がほしい、という人はここを押さえておく必要が。

孤独から逃げたくてママ友がほしい人へのポイント

  • ママ友は孤独を癒すための道具ではない。
  • ママ友がいなくても大丈夫な人もいる。
  • ママ友→純粋な友達は結果論。
  • 孤独や寂しさから逃げたくてママ友を作ろうとする危険。

ママ友は、孤独を癒すために存在しているわけではありません。ママたちが作ろうとするママ友の目的はだいたいが「協力して子育てをするための関係であり」「情報収集」であり「子どものため」です。

人間関係に期待しすぎる人は、ママ友トラブルに巻き込まれやすい可能性が。人の弱みをかぎつけるのがウマイ人、世の中にはいます。孤独が嫌でママ友がほしい、という考え方だと地雷系ママにつかまって、縁を切るのに苦労するかも…。

「ママ友=純粋な友だち」は結果論です。「戦友ができた」「一生つきあえる友だちになった」。それは、結果的にそうなったという話。純粋な友だちがほしいのなら、子どもつながりではないところ、例えば習い事やサークルなどで探してみてはいかがでしょうか。

ママ友作り実践編!

子育てにまつわる情報収集をしたいのなら、「友だち」であることにこだわる必要はなく知り合い程度でよいかもしれませんね。ですが、「協力して子育てをする」「子ども同士で遊ばせるため」にママ友がほしいなら、信頼できる人が必須です。

ママ友作りのポイント

  • Step1:最初は広く浅く、知り合いをたくさん作る。
  • Step2:知り合いのなかから、相性がよく信頼できそうな人とおつきあいをしていく。

出会いの場

ママ友ができそうな場所に出向いてみたり、参加したりしてみましょう。

【子どもの遊び場】
・公園
・児童館
・自治体やNPO主催の母子支援サービス
・母親学級
・親子サロン
・親子体操
・子育てサークル

【幼稚園・小学校の活動】
・役員、PTAに参加
・ボランティア(図書館ボランティア、校外学習の補助など)に参加

【その他】
・産院で他のママに声をかけてみる。
・図書館の絵本の読み聞かせ
・幼児教室

自治体のサービスは日頃から広報などをチェックしましょう。幼稚園・小学校の役員、PTAなどに参加すると、ママ友ができるだけでなく、子どもの様子や、子どもが普段どんな環境で過ごしているのかもわかります。

場所ごとに色があるので、ひとつにしぼらずいろいろなところに顔を出してみるといいですね。

公園デビューがしにくい…。すでにグループができあがっているときは?

すでにママたちがグループ化していたりすると入りづらいものがありますよね。

すでにママたちがグループ化している公園でのデビューのコツ

  • 自分の子どもと遊んでいるところに他の子どもが来たら、一緒に遊んであげる。その子のママからお礼を言われたら、それをきっかけに話しかける。
  • 年の近い子にお願いして一緒に遊んでもらう。その子の母親が声をかけてきたらそれをきかっけに。
  • 多めにスコップなどのおもちゃを持って行き、他の子どもに貸してあげる。

将を射んと欲すれば先ず馬を射よ。自分の子どもと遊んでくれた大人に対して悪い気はしませんよね。スムーズなきかっけになるかと思います。

ママ向けのコミュニティサイトや掲示板に参加する。

いろんな場所に積極的に出向いたり、話しかけたりすることが性格的に苦手という人はネットに頼ってみるのも。また、子育ての情報を仕入れたいだけなら、ネットの方が情報は膨大です。リアルのママ友がほしいなら、オフ会などに参加してみても。

ママ向けのコミュニティサイトや掲示板は、多数あるので、気に入ったものに参加してみてはいかがでしょうか。

ウイメンズパーク
ベネッセが運営するママ向けコミュニティサイト。キャッチコピーは「最強のママ友をもうひとり」。

コンビタウン
ベビー用品メーカー、コンビが運営するママ向け口コミ情報サイト。先輩ママに質問できるコーナーも。

coocpadベビー
クックパッドの傘下にあるクックパッドベビーが運営するプレママ、ママ向けコミュニティサイト。

ママスタ★BBS【ママ達の交流できる掲示板】|ママスタジアム
ママ向けコミュニティサイトのママスタジアムの掲示板。

ママひろば|プレママタウン
ユニチャームが主催する『プレママタウン』のパパママ、プレママ向けコミュニティサイト。

他には、近所にブログをやっているママがいないか探してみても。コメントをしてやりとりをして交流してみるのもいいですね。

Ameba検索|Amebaブログ

サンキュ!主婦ブログ|口コミサンキュ!

ただし、あくまでもネット。リテラシーはしっかりと持って節度のある参加を。個人情報の取り扱いにも注意を。家族の写真や住所を特定されることがらの記載は控えましょう。

どんなことを話したらいいの?

やっぱり共通の話題は子どもですよね!

  • 何歳ですか?何カ月ですか?
  • 妊娠中→いつごろご出産ですか?
  • 持ち物やファッションを褒める。「かわいいスニーカーですね!」
  • 天候「寒いですね~!」

【注意】
いきなり個人的な内容にふみこまない。

ママ友の関係が難しい、と言われるのは純粋な子育て仲間ではないことが理由。女性は所属する集団の均質性を求めるので、相手と自分の違いに敏感です。

信頼できるかどうかわからない段階の相手に、家庭の経済状況などをみだりにオープンにしないようにしましょう。

連絡先交換の手間を省けるママ名刺

友だち作りを楽しみたいのなら、ママ名刺を作ってみるのも。今は、個人情報保護のために幼稚園や学校で名簿の作成ができなくなっています。ママ名刺は、たくさんの人と連絡先を交換する手間を省けます。

ママ名刺作成サイト

相手から名刺をもらえると母子をセットにして覚えられるのも便利です。かわいいママ名刺は話題のきっかけに。

ここでも注意ポイントは、必要以上に個人的な情報を記載しないことです。夫の勤務先、LINEやFacebookアカウントなど、一気に私生活がわかってしまう情報は取扱注意。情報は仲の深さに応じて段階的に開示しましょう。

まとめ

見知らぬ土地で初めての子育て。しかも、夫は仕事が忙しく毎晩帰りが遅いというような場合、子育てはかなり過酷モードになりますよね。

大人とまともな会話ができない毎日が続くと、まるで世界には子どもと自分の二人しか存在しないのではないかと思えてくる…。そんなとき頼りになるのはママ友。目的別に、臨機応変にママ友作りができるといいですね!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング