デートの誘いの断り方!その後も穏便に付き合える方法は?

「恋愛対象外」の男性から突然、デートのお誘い!

自分に好意を持ってくれるのは嬉しいことですが、相手が「恋愛対象外」だった場合は断り方に悩みますよね。

なるべく相手を傷つけないように、その後も穏便に付き合えるように断りたいものです。

職場仲間や友人グループ内等、その後も関係を続けていかなければならない場合の柔らかい断り方をご紹介します。

スポンサードリンク

友達も一緒でいいか聞いてみる

  • 「〇〇ちゃんも誘っていい?」
  • 「みんなで一緒に遊ばない?」

こう言うと、二人でデートすることを前提に誘ってきた男性はすこし肩透かしをくらいますが、拒否された感じはしません。

カンのいい男性なら「あっ、遠まわしに断られてる…。」と察し、引き下がってくれるでしょう。

しかし、超ポジティブな男性は「二人っきりだと緊張するんだな。恥ずかしがりやさんめ…。」という思考に至り、友人を交えてでもまたデートに誘おうとします。その時は、友人を交えてのデートに応じるか、また新たな断り方を考える必要があります。

忙しいアピールをする

  • 「今仕事がすごく忙しくて…。また時間ができたら連絡するね!」

忙しいとなると、相手も誘いづらくなります。また、こちらから連絡するという先手を打つことで、相手が再度誘うことを防止することも忘れずに。

果敢な男性だと「まだ忙しいの?」とたびたび聞いてくるかもしれません。根気よく忙しいアピールをして自然に諦めてくれる方向に持っていきましょう。

特定の男性の存在をチラつかせる

  • 「その日は男友達とご飯を食べに行くの…。」
  • 「彼氏いるから無理なんだ…。ごめんね。」

彼氏がいない場合は、特定の男友達と遊んでいることを匂わしてみましょう。そこから恋愛相談に発展させるのも有効です。「その人のことが好きで…。」なんて相談されたら男性は引くしかなくなります。

彼氏がいる場合は、うれし恥かしそうに言ってラブラブな状態であることを感じさせましょう。

父親の存在をチラつかせる

  • 「お父さんが男の人と二人で遊んではダメって言ってて。」
  • 「家が厳しくて…。」

こちらは実家住みの女性限定で使える断り方です。

今どき恋愛禁止の家なんて珍しいかもしれませんが、付き合ってもいない女性がいきなり父親の存在をチラつかせてきたら「めんどくさそうな女性だな…。」と男性は撤退したくなります。

占いに依存してる感を出してみる

  • 「運命の人とは2年後に出会うことになってるの。」
  • 「〇〇君(相手)は占いで言われてる運命の人とはちょっと違うんだよなぁ。」

自分の人生はすべて占いによって決めているの!といわんばかりに真剣に言ってみて下さい。これは私の経験談ですが、確実に男性が引きます。男性の占いにハマっている女性に対する視線は厳しいのです。

言った後は、男性から微妙な距離を取られ、穏便に付き合えることは間違いないです。

戦意喪失させてみる

  • 男性の誘いを破壊力のある変顔をしながら聞く
  • 突如、激しめのシャドウボクシングをしてみる

こちらは断らずして男性が勝手に戦意喪失していく究極の方法です。この方法だと誰も傷つきません。勇気とやる気のある方はぜひやってみて下さい。

私の知人のナンパ&痴漢撃退法を応用しました。ちなみにどんな変顔をしたのか聞くと「目を寄り目にして、口を思いっきり開けて舌を出したら逃げていった。」そうです。怖すぎです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

嘘をついて断るとその後矛盾がちらほら出てきて、相手に不信感を抱かせてしまう恐れがあります。なので、好きな人がいる、とか実家住みである、とか現在の自分の状況と近い断り方を選ぶと断った後も矛盾なく過ごせます。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング