カラオケですると嫌われる行動!こういう行動には注意!

「忘年会」や「新年会」、「新入社員歓迎会」や「合コン」…などなど。その二次会でカラオケに行く機会はたくさんあるかと思います。また、プライベートでも、友達や恋人とまったりカラオケを楽しみたい!そんな方も少なくないのではないでしょうか。

しかし!そんなカラオケで、もしあなたが失敗しているとしたら…実は、カラオケには「暗黙のルール」というものがあります。それを無視して一人で楽しんでしまうと…もう二度と誘われなくなってしまうかもしれません!!

なので今回は「カラオケですると嫌われる行動」を徹底検証していきたいと思います。楽しいカラオケの時間を無駄にしないよう、ぜひ自己チェックしてみて下さいね!

スポンサードリンク

1. マイクを離さない。

マイクを片時も離さない…これはまず嫌われる行為でしょう。

カラオケは大勢で楽しむものなので、当然その料金だって割り勘です。にも関わらず一人で歌いまくってしまう…それだけは絶対に避けるべきです!

もちろん、気を許した友人同士でカラオケに行く場合は大丈夫ですが、あまり慣れていない人たちとカラオケに行くときは、くれぐれも自己陶酔しないように気を付けて下さい。マイクを口に近づけて独特の歌い方を披露!

…そんな行動は引かれてしまう可能性があります。

2. 人の歌を聞かない。

img3

人の歌を全く聞かない…これは意外に少なくないかと思います。しかし、自分では聞いているつもり…なんでしょうが、態度で示さなければ伝わっていない可能性があります。

例えば、

  • ずっと携帯をいじっている。
  • 食べ物に夢中
  • ずっと曲を選んでいる。

…などなど。何気なくとってしまっているような行動でも意外と他人を不快な気分にさせているのです。誰かが歌っているときは、手拍子して!とまでは言いませんが、せめて「画面に目をやる」ぐらいの心遣いが必要です。

3. 人の歌を勝手に評価する。

「○○くんはね、ビブラートがうまいね。でも、2番のあそこ、音程外していたよ」

…などなど。他人の歌にいちいち感想を述べちゃう人…これも注意して下さいね。もちろん、褒め言葉だけなら問題ありません。どんどん褒めちゃいましょう。

しかし、他人の歌への「ダメだし」これは確実に嫌われます!

カラオケはコンサートではないのです。歌っている人も、もちろんプロではありません。なので、ダメだしされると委縮してしまい次に歌いにくくなってしまいます。

4. 大勢で行ったカラオケでは選曲に要注意!

img6

友達同士であるならば、好きな歌を自己流でばんばん歌っちゃって構わないと思います。知らないような曲をもし歌って場がしらけてしまっても、友達同士ならフォローをし合えます。

しかし!

もしその場が「合コン」だったとしたら…。誰も知らないような曲を立て続けに歌い続ける行為、これはかなりの問題行動です!また「得意のバラードの連発」これも注意して下さい。もちろん、一曲や二曲くらいなら構わないと思います。

あまりにも上手にバラードを何曲も歌い上げられてしまうと、これはこれで確実に場がしらけてしまいます。合コンなどでは「誰でも知っているような流行の楽曲」こういったものをチョイスするのが無難かも知れません。

また、みんなで盛り上げられるようなノリノリの楽曲をチョイスするのも良いですよね。合コンや歓迎会などはカラオケコンクールではありませんので、上手に歌い上げることよりも、いかに盛り上げられるかの方が大切なんですね。

[adsense]

5. 一緒に歌ってしまう。

img7

合コンでこういう行動をとる人…意外に多いんですよね。

知っている曲だからといって、自分もマイクを持ち出して一緒に歌い出しちゃう人…。これは決して盛り上がる行為ではありません。特にはもりは厳禁ですよ!

その曲を選んだ人は、自分が歌いたくてチョイスしたのです。それなのに、一緒に歌われてしまったら気分を害すだけです。もちろん、一緒に歌うことを打ち合わせているのなら全く問題ありません。

もしどうしても一緒に歌いたい時なんかは、せめてマイクを持つのはやめましょう!小さな声で、その人の歌の邪魔にならないように口ずさむ程度に留めておきましょうね。

6. 一人で食べ物を注文しまくる。

大勢でカラオケに行くと、必ず一人はいるのではないでしょうか。やたらと食べ物を注文したがる人!料金は割り勘だということを忘れないで下さいね。食べ物を頼みたいときは必ず多数決をとりましょう。でなければ、陰で恨まれちゃいますよ。

また、自分が歌っている最中に店員さんが入ってくることをひどく嫌がる人もいます。まぁ、私がそのタイプなのですが…。なので、食べ物や飲み物の注文は出来るだけまとめて行うようにしましょうね。

7. 盛り上げなくていいのに盛り上げてしまう。

img8

合コンなどでカラオケに行くときは、場がしらけているよりは盛り上がっている方が断然良い!と先程言いました。なので、タンバリンや手拍子などを使い、出来るだけその場の雰囲気を盛り上げるように努力するのが正解です。

でも「友達同士」また「恋人同士」でカラオケに行くときは事情が違います。そんなシチュエーションでカラオケに行く場合、たいてい人は「気持ちよく歌いたい」はずです。それなのにタンバリンで邪魔してしまう…。

これはやはりやめた方が無難だと言える行為です。

しっとりとバラードを歌っているときくらいは画面に集中してあげましょう。このとき、先程言った「相手の歌を全く聞かない態度」だけは取らないように気を付けて下さいね。

歌っている人はやるせない気持ちになってしまいます。

まとめ

以上「カラオケで嫌われてしまう行動」をいくつかご紹介いたしました。

カラオケはある意味ストレス発散の場です。なので、お互いが気持ちよく歌えるよう、最低限のルールだけは守っていきたいものですよね。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング