あなたはダメ妻?ダメな嫁にありがちな6つの特徴は!

あなたはダメ妻?ダメな嫁にありがちな6つの特徴は!

専業主婦なのに料理が苦手。結婚してから、なぜか夫の給料が下がりはじめた。私の顔を見ると夫がタメ息をつく…。私ってもしかしてダメ妻?

ダメ妻の特徴とはどんなものでしょうか。6つの特徴をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

夫婦ってナニ?

「婚姻をした男女が、一緒に生活し、協力し助け支え合う」のが夫婦です。さらに、結婚すると社会からは一人前になったとみなされますよね。とすると、夫婦のポイントとは以下のようなところにあるかもしれません。

  • 男女の対であること。
  • 同居している。
  • 協力する。
  • 扶助(助け合い)
  • 自立した大人であること。

これらをふまえてダメ妻の特徴を見ていきしょう。

一人の大人として自立していない妻

  • 実家に頼り過ぎ。
  • 親のいいなりになっている。
  • 他人の動向を気にしすぎ、他人の評価に依存している。

困ったらすぐ実家に頼る。大事なことは親に決めてもらう。夫と協力し合う前に実家に助を求めてしまうのはダメ妻と言えます。

「ママ友がこうしてるから」「近所の○○さんがマイホームを買ったから」「知り合いの子どもがお受験するから」などと、他者の基準でものごとを判断するのもダメ妻かも。人生に関わることは、自分の頭で考えて決断するのが自立した大人です。

ダメンズメーカーな妻

  • どう考えても彼・夫の責任であるのに、責任をおしつけられたことがある。
  • 夫を自分の思い通りにコントロールしたい。
  • 自分さえ我慢すれば事態が丸くおさまると思う。
  • 子供時代、「いい子」になるべく頑張っていた。
  • 今のままの自分ではダメという思いが強い。

元彼から「お前と一緒にいるとダメになっていく気がする」と告げられ別れた経験はありませんか。

いつもダメ男を好きになる!ダメ男好き女の持つ6つの特徴は?

尽くすことで嫌われる女性!嫌われない女性!この違いって何?

ダメ男好きな女性は、ダメンズメーカーの素養も持っています。一緒にいることで、夫がダメ男になっていくのなら、それはダメ妻だから!?

ダメンズメーカータイプの妻は、一見「いい妻」に見えます。妻はいい妻なのに、なぜか夫はダメ男。

それは、「夫がダメでないと、献身的ないい妻を演じることができない」という妻の無意識的な意識からきているのかもしれません。ダメンズメーカー妻にはダメ夫が必要なのです。

彼はダメ男ばかり!ダメ男を好きになってしまう女の心理とは!

ダメンズメーカー度が重いと、夫のDVが始まったり、夫がアルコール依存やギャンブル依存になったり、借金を重ねたりして、家庭が破たんしてしまうかもしれません。ダメンズメーカーの自覚があるなら、一刻も早く改善を。

メンタルが不安定な妻

  • 夫が浮気したらどうしよう。夫が失業したらどうしよう。子供がの成績が下がったら…。などと、不安がつきない。
  • 夫を信用できないが、それは自分のメンタルが不安定だからかもしれない。
  • 家庭のピンチのときに、必要以上にパニックになったり、夫を責めたりする。
  • 自分の感情のコントロールができないので、夫をはけ口にしている。

「家に帰りたくない…」。夫にこんな風に思われてはいないでしょうか。もし、夫が悪くて妻の怒りをおそれて家に帰りたくないというのなら、夫の自業自得です。

ですが、妻のメンタルが不安定だから家に帰りたくないと思わせてしまっているのなら、それはダメ妻です。

面倒くさいと思われる女性の特徴は!4つの理由がこれ!

経済観念に疑問がある妻

  • 家庭の収支を把握していない。
  • 冷蔵庫が食材でパンパン。たびたび腐らせてしまう。
  • 買ったものの着ていない洋服がたくさんある。
  • 家族のためにどれだけのお金が将来必要なのかわからない。
  • 貯金が苦手。
  • あればあるだけお金を使ってしまう。

結婚生活とお金は切り離せません。お金とうまくつきあえて初めて一人前の自立した大人といえます。一人で暮らして一人で経済的に破綻するのは自己責任です。しかし、夫婦となると片方の破たんは確実に相手にも影響がいきます。

夫婦ともに家計の管理が苦手なら…。プロの手を借りるなりして、これから二人で勉強していきましょう。金の切れ目が縁の切れ目。夫婦の未来をお金がにぎっています。

浪費癖を直す方法ってある?浪費してしまう心理って一体!?

自分でできる買い物依存症チェック!原因や克服する方法は?

異性として見ることのできない妻

  • 身なりに無頓着になった。
  • なににつけても子供が最優先。
  • 夫の男性っぽさを気持ち悪く感じる。
  • セックスレスだ。

あたりまえですが、夫婦は男女で対になっています。お互いを異性として認識しなくなれば、もはや「夫婦」ではないのかもしれません。

老夫婦ならまだしも、男ざかり女ざかりの世代なら、お互いの男性らしさ、女性らしさを尊重するようにしたいもの。とはいえ、育児をしているとそれどころではないというのもまた事実。

育児が大変すぎて女性らしさを保てないのなら、夫に家事育児分担をしむけてみる。家事の時短に挑戦してみる、などやりやすいところから手をつけてみましょう。

自分の価値観が正しいと信じて疑わず、夫を尊重しない妻

  • 夫の悪いところばかりが目につき、褒めたことがない。
  • 夫は間違ったことばかり言うと思っている。
  • 夫の実家や親戚の悪口を夫に言う。
  • 夫の人格、性格、育ちの悪さを責める。

自分の価値観が正しいと信じて疑わず、夫を尊重しないのもダメ妻です。もしかすると、夫のやることなすことダメで、そんな夫の価値感が正しいわけはない、と思えるのかもしれません。

でも、そんな夫を選んだのは…。夫婦は合わせ鏡です。もし、夫とコミュニケーションがうまくとれないと感じているのなら、「自分の価値観が正しくて夫は間違っている」という考えを前提として話をしていないかチェックしてみてください。

だれでも、「あなたは間違っている」と明に暗に言ってくる相手のために、なにかを頑張るというのは難しいものです。「家族のために頑張る」という意識で働く男性が、妻から全否定されれば仕事へのモチベーションを下げてしまうかもしれません。

いつも夫と喧嘩ばかり、というのなら、コミュニケーションのとりかたを見直してみましょう。

熟年離婚の理由って何?男女の考え方の違いが原因だった。

彼氏と喧嘩ばかりする!この関係をなんとかしたいなら!

まとめ

「自分はダメ妻だなあ」と悩んでいるのなら、一度旦那さんに聞いてみてください。「私ってダメな奥さんかな?」。もし夫が「そんなことない」というなら悩みはそれでおしまい!いくら料理が苦手でも、家事が苦手でも、夫が幸せならダメ妻ではありません。

家族がいつも笑顔で幸せを感じられる、それが一番ですよね。ダメ妻の自覚があって夫の笑顔が減ってしまっていると感じるのなら、改善してみてはいかがでしょうか。