彼氏への上手な甘え方!男はこんな女性にメロメロになる!

彼氏への上手な甘え方!男はこんな女性にメロメロになる!

彼氏に甘えたいけど、甘え方がわからない。恥ずかしくて甘えることができない。このまま彼に飽きられちゃうかも…と思うとツライですよね。

甘えた方がいい!と理屈を頭でわかっていても、どういう時にどうやって甘えたらいいのかわからない。そんな女性も多いと思います。

そこで男がメロメロになる甘え方とはどういうものかを、具体的にイメージしやすいようにシチュエーション別にご紹介します。

スポンサードリンク

外でデート編

男性は人前でイチャイチャするのは抵抗があるものです。なので外でのデートの時は、ごく軽いスキンシップや言葉や表情で甘えてみましょう。

上目使いで「今日〇〇行かない?」とお願いしてみる

上目使いは効果絶大です。心理学的に相手への尊敬や頼りたい気持ちを示し、男性に対し『守ってあげたくなるか弱い女の子』アピールになります。

なのでそんな目でウルウル見つめられると、彼も思わず『この子を守ってあげなきゃ!』と熱くなります。

そして「今日〇〇行かない?」の〇〇は二人が楽しめる場所にすると、彼のテンションはより上がります。

人混みの中で彼の服をギュッと掴む

手をつなぎたいけど、自分から言い出せないので彼の服をギュッと掴む。このような遠慮がちな気の引き方も『守ってあげたくなる不器用な女の子』アピールになります。

この時、表情は恥かしそうにうつむきながら掴むのがベストです。

デートの帰り際に「まだ一緒にいたい…。」と寂しそうな顔をする

楽しいデートの終わりは、お互い寂しい気持ちを抱えています。そんな時に寂しい気持ちを素直に表現すると、彼も本音を言ってくれたことに喜びを感じます。

ただし毎回デートの帰りに言うと重い女になってしまうので、たまに寂しい気持ちを表現してみましょう。

家デート編

二人っきりの時は、思い切って体を密着させたり、普段見せないような表情で彼に甘えてみましょう。彼も外でいる時とは違うあなたに、メロメロになるでしょう。

スマホやTVに夢中な彼にくっついてみる

彼が他の事に夢中で寂しくなった時、思い切って体をくっつけて横に座ったり、彼の肩に顔を乗せてみて下さい。

男性は二人っきりになった時、こういったスキンシップに弱いのです。ただし仕事中は邪魔だと思われるので控えましょう。

眠たそうな顔をする

朝起きた時や二人でまったりしている時に、トロンとした寝ボケけたような表情で子供みたいに目をこする。

いつもは元気な女性が、二人でいる時にだけ見せる眠たそうな顔。男性はそのギャップにやられるみたいです。またこういう無邪気な表情にスキを感じ、守ってあげたくなるようです。

たまに軽くスネてみる

『もっと一緒にいてよ』や『もっと構ってよ』という甘え言葉を、ほっぺをぷくっと膨らませスネながら言うのも可愛いです。

こちらも普段は見せないスネた表情を見せるというギャップを作り出しています。そして『たまに』という所もポイントです。毎日スネてたら、めんどくさい女だなと彼に思われてしまいますからね。

男性が可愛いと思う表情が、具体的にわかりやすい動画はないかと探した所、モデルの山本美月さんが理想的な”ぷんおこ”顔をしている動画がありました。0:41あたりです。

”ぷんおこ”以外にも”上目使い””困り顔”など甘える時に使える表情がいっぱい出てきます。ぜひ表情作りの参考にしてみて下さい。

まとめ

ご紹介した甘え方で共通することは、素直な気持ちをそのまま表現している所です。女性が彼氏だけに見せる素の仕草が、男性をメロメロにする甘え方の共通ポイントです。

始めは恥かしかったりすると思いますが、挑戦しやすそうな甘え方から始めてみて、甘えることに徐々に慣れてくださいね。